集中して〇〇すれば必ずあなたの売上は倍増する!

こんばんは!

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です!

前回は、あなたの売上を劇的にアップさせるには

「営業マインド・スキル」を上げていくこと

と同時に

「仕事の効率化力」もアップしていくこと

が大切で、車の両輪だ、、というお話をしました。

👇前回見逃した方はコチラ👇をご覧下さい。

👉売上アップには営業スキルを上げるだけじゃダメって?

 

◆それでは、具体的に「仕事力」をアップさせるには

どうしたら良いのかを伝授致します。

 

「仕事術」「効率的な仕事のやり方」

などに関しては、吐いて捨てるほどの情報が

世の中に氾濫しています。

ネット上でも、書籍でも。。。

その中でも、一番大切なのは

ズバリ、

【集中して、継続すること】

なんです。

👈集中力!

◆特に、他からの強制力が働かない「自営の方々」や

サラリーマンでも自律的に活躍されている方には

この「毎日、1つのことを集中して継続する力」

というのは極めて重要な「仕事力」の一つです。

 

◆でも実は、ごく普通の営業パーソンこそ

この【集中して、継続すること】は、

「売り上げをアップさせる事にも直結」しているんです。

 

◆だって、考えてもみて下さい。

同じセールスマンの

×Aさんは、売り上げが大きそうな顧客を追い求め

毎日、毎日、あっちのお客様、こっちのお客様と

取り留めも無く、日々訪問し、疲れ切って

全部が中途半端で、半年たっても一年たっても

何の結果も出せない・・・

☚疲れ切った営業マン・・

◎一方のBさんは、小規模でも、このお客様は!!

とピンと来たお客様に徹底的にサービスし、提案し

信頼を勝ち取り、毎日でも日参し、

一か月後には新規の売り上げを獲得し、それを拡大し

三か月後には、お客様の数を少しづつ増やしていったら・・・

一年後には、Aさんと雲泥の差が出ているでしょう。

☚元気一杯な営業マン!

◆つまり、地味な単純作業に見えるかもしれないが

極めて重要な「仕事」を集中して毎日継続する力

とういのが、あらゆる仕事で「結果」を出す力の根源の1つなんです。

かのイチローもこう言っています。

『小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。』イチロー

彼は、野球をはじめた小学校の時から

野球の基本の基本である

「素振り」「キャッチボール」「ストレッチ」「ランニング」

など、誰にでも出来るごく平凡な「小さなこと」

誰にも真似できないほど「ストイック」に毎日、毎日継続して

来たのではないでしょうか。

勿論、その基本は、アマチュア時代、プロ、MLBと

内容自体は彼の成長と共に進化していますが、

やっていること自体は、全く同じことです。

ヒネクレマン:「そらよう、アンタが言うように地味な基礎を毎日繰り返す
のが大切だってのは、俺も何となく分かるけどよ・・・

なんてたって、オイラ飽きっぽいから、三日坊主なんだよな、、

どうすりゃ、いいのさ??」

ハイ、私も飽きっぽくて三日坊主「でしたが」
ある考え方と具体的な方法を取り入れてから、変わりましたね・・・

その考え方と具体的方法とは・・・

次回のお楽しみに!!!

イチロー、プロ将棋士に見る営業の極意とは!?

こんばんは!

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今晩は、結構寒いですね~~

半袖で出歩いたら、ブルっと来ました・・・

ちょっと前まで「暑くてたまらん」と嘆いてたのが

嘘のようです。

そうこうしているうちに、アッという間に

ジングルベルのクリスマス

年末の挨拶周り、、、

お正月・・・

になっちゃうんでしょうね!

時間が経つのは早いものですけど

何かに熱中してると時間が止まって

時の流れが遅くなるらしいっすよ!!

もちろん、「心理的な話」ですけど

かのアンインシュタイン博士

「没頭し、集中すれば、時間は遅くなる」

と言ってたらしいですから

あなたも営業に、趣味に没頭して充実した日々を過ごして下さいね!

と、前置きが長くなりましたけど

前回は、資料を提示しながら商品やサービスを

売り込む営業をする時

キリの良いところで

一旦話を止めて

「今までの説明で、何か、お分かりになりづらかったことや

ご質問、ご意見などございましたら、是非伺わさせて下さい。」

と、お客様の質問、意見など「コメント」を誘導してみること。

その際、お相手の表情や様子を良く見て

自分の話に興味をどの程度持ってくれているか確認してみること。

をお勧めしました。

◆これね、実はとっても大切なことなんですよ。

例えばですけど

囲碁将棋や、麻雀、など2-4人で

勝ち負けを競うゲームで

素人は自分の手に惚れて自滅することが

とても多いんです。

でも、プロになればなるほど

自分の手役はあまり見ていないし、意識もしていないもんです。

そう、大よそ20%前後しか自分の手は見てないし

意識してないんじゃないでしょうか。

ヒネクレマン:「はあ??自分の手を見ないし、意識しないなら

プロは、残りの80%はどこを見てるのよ????」

私:「はい、相手の手配です。 もしくはもっとプロ中のプロになると

自分の手配や捨てハイも含めた【全体を俯瞰して】見てるんです。

例えばね、日本球界、MLBで大活躍のイチロー選手

バッターボックスに立った時に

もう一人の自分がバックネット(イチローが立っているバッターボックスの後ろ側の観客席)

にいて、そこから自分を含めて「相手チームの守備を見ている」

感覚だそうです。

自分自身と、敵を含めた全体を客観視して「俯瞰している」・・・

これは、もう神業といいますか、天才ですよね。

 

◆でもね、皆さんも、営業シーンでいずれは

営業界のイチローになることを目指して下さい。

なぜなら、これが出来れば、確実にあなたの

売り上げはバイどころか、5倍、十倍にも跳ね上がるからです。

それくらい、自分のことではなく、相手側の様子、状況、心理を

読み取り、受け取れるようになることは大切なんです。

 

◆例えばね、資料を使った営業シーンで

相手の社長が、あなたの説明より3ページ飛ばしたところで

目を止めて、メモ書きを書き入れていた、、

とします。

これが、

初心者の営業さんだと

自分が話すことで精一杯なのでお客様の「興味のありそうな部分」

(つまり3ページ先のメモ書きした部分)

を完全に見落としてしまいます。

でも、

△イチロー張りに全体を俯瞰出来るプロ営業マン

その社長のメモ書き行動を絶対に見落としません

そして、3ページ先の説明になった時

さりげなく

「社長、この部分はなにかご興味、ご関心ございますか?」

などと相手が話すように誘うでしょうね。

この小さな積み重ねが、大きな結果の差になって出てくるもんなんです。

さあ、あなたも次の営業シーンから

まずは

■型どおりの説明のキリの良いところで

「何かご質問はありませか?」

と言いながら、相手の様子を観察する。

これを、何度も、何度も訓練してみて下さい!!

☚全体俯瞰の余裕が売上倍増を呼ぶ

★あなたの売り上げが倍増することを心より祈っています!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ