売上アップを次のステージに劇的に上げるには小象を脱却すべし!

今晩は!

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今日も一日、寒い雨で参りましたね・・・

でも、ようやく待望の週末を迎え

ゆっくりと「自分の時間」を自由に使えます。

思いっきり、遊びに、自分だけのビジネスに、

あなただけの「自由な時間」を有効に活用し

目一杯、楽しんで下さい!!

◆さて、今回のテーマですが

【半径2メートルしか動けなくなった像さん】

のお話です。

ヒネクレマン:「オイオイ、なんじゃそりゃ、ケガでもした小象の話かい!!!
それと、おいら達の『売り上げアップ』と何の関係があるんじゃい!!」

私:「まあ、まあ、そう言わずほんの少しだけ話を聞いて下さい。」

 

有名なエピソード(実話)でご存知の方も多いかもしれませんけど

昔、インドのサーカス団に、小象がいて

小さなころから、杭にロープで縛られていました。

丁度、半径2メートルくらいが行動半径になるロープでした。

小象は小さい頃は、とても陽気でハシャイでいましたけど

サーカス団の調教師がいい加減で

その2メートルのロープを外さずに

何年もの間、生活し、立派な巨象まで成長しました。

立派な大人になった像は、

自分の力で、どこまでも「行ける能力」を持っているにも

関わらず、半径2メートルしか歩けず

それ以上一歩も前に進むことが出来なくなってしまいました。

そう、大きくなって「ロープを外されても・・・」

 

普通の良い子:

「可哀そうな像だね、、
人にずっと縛られてきたから、その行動半径以上に
出る勇気と、行動パターンを身に着けられなくなっちゃたんだね。」

 

◆でもね・・・

冷静に考えると、「あなたも、私も」この小象と大差のない
一生を送っているのかもしれません。

子供の頃は「親が敷いたレール=ロープ」んも範囲内で活動し

少し大人になっても「上司や会社が引いたロープ」から

出ることは「タブー」と洗脳されていませんか?

 

◆営業の世界でも、この「小象現象」にハマっている
営業マンは沢山います。

「お客様との対応は、こうしなきゃ、ダメ!!」

と問答無用で「鞭で叩かれ、ロープで縛らていませんか?」

 

もし、少しでも心当たりがある営業マンは

十回に、一回は、「いつも通りの決められたパターン」

を捨てて、自分の頭と心で感じ、考え出した

営業スタイルを取ってみて下さい。

最初は上手く行かなくて当然です。

でも試行錯誤を続けるうちに

誰のものでもない「自分だけのスタイル」が

自然と身についてくるものです。

決して先輩や上司の営業スタイル「だけに」固執する必要はありません。

◆「守破離」のテーマでお話しした通り

最初は徹底して真似ることは大切です。

でも、一生真似してちゃ、

小象と一緒になってしまいます。

 

常に、一ミリでも新しいあなたになるように
試行錯誤を続けて下さい!!

小池百合子「希望の党」はシェフが分からないレストラン!

おはようございます。

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

 

衆議院議員の総選挙まで、あと2日ですね。

何だか、台風直撃になるかもしれず
投票率はあまり上がら無さそうな雰囲気です。

 

◆希望の党の小池百合子氏は、やはりどう見ても

胡散臭いです。

なぜか・・・

まず、選挙前に「首班指名」を誰にするのか
はっきり公表していない点。

 

しかも小池百合子氏自身がその理由を

「選挙結果次第で決める。」

と名言しているのは

究極の「後出しジャンケン」です。

例えて言えば

「うちの店は人気のオーナーとシェフが作った
絶品の和洋折衷料理(右と左)を堪能出来ますよ!」

と潜在顧客に宣伝しておきながら

「誰が料理を作るのか」

をはっきりさせないまま、呼び込み宣伝を

他店の悪口を大声でいいながらやってる
レストランに等しいです。

☚謎のシェフ

特に比例代表の「政党」を選ぶ時は

「オーナー」=「シェフ」

つまり「党の代表」=「料理を作る人=首班指名を受ける人」

の構図が一般的で分かりやすい。

にも拘わらず、都知事を辞める度胸がなかったため

当の本人が
党の代表でありながら首班指名を受けられない。

 

ここにまず大きな「矛盾」と無理があります、このお店・・・

 

「選挙結果次第で、、」

ということは「自分の党=希望の党」が
仮に過半数を取ったら、自前で出す。

そうでなければ、組みやすそうな相手と組んで
その党の代表を指名することもあり得る。

とどんな選択肢もありだ。

と言いていることになります。

そんな無責任な、国民を愚弄した話はないと思いますね。

例えば、小池百合子と希望の党を信じて
比例代表で「希望の党」と書いけど

維新は大嫌い、、という有権者がいたとしても

「選挙結果次第では、維新の代表を首班指名するかも・・」

と言っている訳ですから

すんなり「希望の党」とは書きづらいですよね・・・

 

どう考えても、オーナーである小池百合子が将来
総理大臣になりたい、、という個人的野望が核と

なっている、エセ政党にしか思えませんね。

シェフが誰になるのか分からないレストランに
あなたは行きますか?

あなたの売上をアップさせる新規顧客開拓の意外な方法とは?

こんばんは!

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今日は、仕事で北関東の本庄市まで

新幹線で行ってきました。

本庄は、

大昔、姉が住んでいたので、良く
行ってました。

ただ、当時はお金もなかったので「鈍行列車」を
使っていたので東京から行くと相当な時間が

かかり、かなりの田舎だという印象がありました。

でも新幹線を使えば、東京駅から50分程度で
行けちゃうんですね!!

かなり近い場所だって、認識を新たにしました。

先入観や、昔の経験だけに「とらわれている」と

現在の貴重な「事実」を見失うな~~

と実感しました。

これってね、

私たちの「営業活動」と「営業成績をアップ」させる

ことにも同じことが言えますよね。

◆つまり、昔「思い込んだこと」や「偏見、先入観」

に人は、多かれ少なかれ、支配、束縛されている面がある。

ってことです。

例えば、4,5年前に営業訪問して、断られたお客さん

は、忘れ去ってしまうものですし、

何かの弾みで思い出しても

「再訪問しても、どうせダメだろう」

と「決めつけて」再訪問しないものです。

でも、ちょっと待って下さい。

 

◆全くの新規顧客は「訪問のアポ」を取るだけでも

とても大変で、アポが取れる確率は
1割未満じゃないでしょうか。

最近は特に電話でのアポは 一見さんお断り
で、お目当ての部署に適任者まで辿り着く
までが、そもそも極めて困難です。

そう考えれば、前に一度訪問した実績があり
数年たっていれば「その人とコンタクト取れる
確率はグンと上がります。」

まあ、人事異動でいなくなってるケースも
ありますが・・・・

ですので「一度断られたお客様」でも

数か月、半年後ではお客様のニーズや状況が変化しており

「売り上げ拡大」のチャンスがある可能性もあります。

あなたの名刺ホルダーから「昔・・数か月前~1年前」
の会社を片っ端から当たってみることも

一度は試してみると「思わぬ」収穫が掴めることもありますよ!

 

私自身もこのやり方で、タイミングと運もあったんだと思いますが

一か月で6件も新規顧客を掴んだ経験があります。

是非、新規顧客開拓で苦しんでいるなら

お試しください。

今日は、営業売上アップ出来るチャンスの天候って?

おはようございます!

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今日は、一日寒い雨が振り続く12月の陽気みたいですね・・

何てたって、最高気温が東京で12度だっていうんだから
真冬です・・・

 

こんな日は、営業マンが、外出営業するには、
ちょっとシンドイですね。

でもね「モノは見よう、考えよう」で

雨や、台風だからこそ外出営業するべき、時もあるんです。

ヒネクレマン:「何でやねん? 雨、台風の日にワザワザ外出なんて
しなくてイイじゃん・・めんどくさいし、濡れちゃうし・・・」

私:「イエイエ、訪問されたお客様は、びしょ濡れになった

あなたを見て『こんな悪天候の中わざわざ来てもらって・・』

と言葉に出さずとも内心思ってくれることも多いんです。」

 

私自身も、大雨の日に営業訪問し、優しいお客様だと
こちらが遠慮してもタオルを出して下さったり、

「雨の中、ご苦労様です。」とか声掛けしてくれる
お客様も多くいらっしゃいました。」

 

出だしで、こうしたコミュニケーションを取れれば
あとの会話はスムーズに運びますね。

 

また、ライバルの営業マンも「こんな大雨の日は
外出営業を控えよう」と考えるので

そんな中であなたが一人勇猛果敢に外に飛び出せば
その気持ちは必ずお相手に伝わります。

なので「悪天候こそ、営業のチャンスだ!!」

くらいの前向きな気持ちでいると

商談もスイスイ進むものです。

「雨の日チャンス!」と思って今日も一日頑張りましょう!

 

「失敗した!」と叫んだ直後にどうすれば良いのか?

おはようございます!

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今朝は、久しぶりに「晴れて」気分爽快ですね!

それでは、張り切って行きましょう!!

 

今日のテーマは、

■「仕事でチョンボった」時にどう対応するか。です。

 

仕事で失敗をすることは、誰しも人間なのでありますよね。

 

失敗には、社内だけで済むものと、お客様などを巻き込んで
しまうモノがあります。

 

いづれにしろ、

あなたが「シマッタ!失敗したぞ!」

とハッとした時

☚しくじった!

まずは、冷静になり(事態を客観視して)

1)「自分一人で事後処理や顧客へのフォローが出来るか否か」

を判断し

2)最優先で「アクション」を起こすこと。

つまり、ポイントを整理して「上司に報告し、指示を仰ぐ」か

自ら「お客様」にお詫びをする。

などの「具体的行動」を一刻も早く取ることです。

この初動アクションの速さと的確さで

ミスの拡大や深刻さ、ダメージが少なく抑えられます。

 

そして、次は

3)なぜ、そんな失敗、ミスをやらかしたのか・・・

自分の凡ミスなのか、仕組上の問題なのか、、
冷静に判断し

4)再発防止策を作り「紙に書く」

この時に「真実」のみを分析し、自己弁護や

言い訳は一切抜きにすることもとても大切です。

 

まあ、失敗無しで、バンバン営業取れるのが一番ですけど
万一しくじったら、

まず「冷静になり」「最初に取るべきアクション」を
即座に取って下さい。

良い一日をお過ごし下さい!

あなたの売上アップを阻む「クセ」を無くす方法!

おはようございます。

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今朝も、ドンヨリした雨模様で

気分が滅入りがちですが、こうした時こそ

気分スッキリ! 張り切って行きましょう!

 

さて、今日は「営業シーン」で、

あなたが営業トークを繰り広げる時の

「口癖」や動作の「クセ」についてお話しします。

 

■「無くて七癖」と昔から言うように

あなたも気が付かぬうちに「色々なクセ」を持っています。

 

この「クセ」も「売り上げアップ」につながる「クセ」なら

良いのですが、そうじゃなく、むしろマイナスの影響を

与えるものなら「修正」「改善」して行った方が

いいですよね。

 

例えば、お客様に売り込みを掛けている

対面の営業シーンでの「口癖」・・・

 

卑近なところでは

「エッと、、・・・・」

「だから・・・(強い口調で)」

「なんちゅうか・・・(バカっぽく)」

など、会話の冒頭に出てくる「接頭語」ならぬ

意味のない「掛け声」みたいな・・・

そうこの「・・・・みたいな」も口癖ワードですね。

 

またもうちょっと長いワードだと

「釈迦に説法ですが・・・」

「すでにご存じだとは思いますが・・・」

「ブッチャケ・・・・」

「まあ、それはよいとして・・・」

など、

こうした「ワード」は、言葉に寄れば

タイミング良く出てくれば良いモノも

ありますが、

無意味に沢山出てくると

聞いているお客様が違和感を持ちます。

 

ですので「出来るだけ自然に話を聴いて頂くためにも

耳障りになる「口癖」は意識的に排除した方が

良いです。」

 

ヒネクレマン:「ハア??? 俺はそんな口癖ねえけど
あったとしたって、自分じゃ分かんないから、治しようねえじゃん!!」

 

私:「仰る通りですね。

ですから、上司や同僚と一緒に同行営業した際に

事前にお願いをしておいて、自分に

「耳障りな口癖や動作」がないか

教えてもらうんです。

ちなみに、ヒネクレマン君は【はあ??】が口癖ですね・・

まあ、キャラクターですからそのままで良いですが・・・」

ヒネクレマン:「はあ??? 本当だ、口癖だあね・・・
言われてみると分かるね・・・・」

 

でも、あまり「口癖」を意識し過ぎて、あなたの営業トーク
のリズムが狂うようなことにならない程度に矯正して
下さい。

今日も、素晴らしい一日をお過ごし下さい!!

あなたの売が激増する「要約返しの技」って、何?

こんにち!。

「あなたの売上アップ」請負人の神城豊です。

昨日までは、数回にわたり

「あなたの売上を倍増するセールス・トーク」

深い「傾聴」

「オウム返し」の術

についてお話しました。

 

今日は「オウム返し」の応用編で

「要約返しの術」

についてお話しします。

ヒネクレマン「要約返し??? なんじゃそりゃ!?」

 

◆ハイ「要約返し」とは

文字通り、お客様がお話しした内容を

「要約して、そのポイントをお返しし、確認する」セールス・トークです。

☚上から目線はNG

これは、お客様が比較的長くて複雑なお話をされた
後に有効です。

お客様との会話で話が盛り上がって来て

お相手がお話し好きですと、

随分長い話を、しかも話題がアッチ・コッチに
分散されるお客様もいらっしゃいます。

そうした時に、あなたが、お客様のお話のポイント

短く要約し、返してあげる話術のことです。

「要約返し」には

1)お相手が、「自分の話を良く聴いて理解し、まとめてくれた」

と思って頂ける「信頼関係」を築ける効果

2)お相手の言っている内容の理解が正しいかどうかを
  確認出来る。

一石二鳥の効果があります。

 

◆お客様の長く、取っ散らかっている話を、まとめる技術は

多くの要素が絡んでおり、「オウム返し」の様に

簡単には習得出来ないかもしれません。

 

でも、あまり難しく考えず、

営業シーンだけじゃなく

ご家族や、会社の同僚と話している時に

「傾聴」(自分の考え、思いはゼロにして相手の話をジックリ聴くマインド)

を心掛けつつ

常に「要するに、この人の言いたいことのポイント、本質は

こういうことなんだろうな・・・」

「ポイント、本質」を考えながら聴くクセをつけると

段々と、習得出来ます。

 

◆人は、話をする時には、無意識でも「一番言いたいこと」=主訴

があります。

話の長い人、アッチコッチに話が飛ぶ人は

この主訴が一時わき道に逸れたり、テーマが変わっちゃたり
する方です。

ですので、そうした方には、途中で(間合いを見て)

「仰りたいことは、●●と◎◎のことですね。」

と確認の合いの手を入れてあげることです。

 

まずは、難しく考えず

「お相手の話のポイントを繰り返して確認する」

ことを、日頃の日常会話でも意識的に試してみて下さい!

信頼を勝ち取り売上倍増させる「オウム返しトーク」の落とし穴とは?

おはようございます。

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

昨日は、「売り上げ倍増・セールストーク」

の技として「オウム返しの術」を伝授しました。

 

「オウム返しの術」とは、

お客様が話された後で「キーワード」「キーフレーズ」

直ぐにあなたが「繰り返して、話す。」という会話術。

 

この「オウム返し」が上手く出来ると

どんな効果があるのか? 分かりますか?

 

お客様が気持ち良く話せる

(この人は、私の話を良く聴いてくれている

安心出来る人だ。)と無意識に思って頂ける。効果があります。

そうお話相手との「信頼関係」の橋渡し(ラポールと呼びます)

が出来るテクニックなんですね。

◆でも、ここで注意して下さい!!!!

 

「テクニック、技」の前に、もっと大切なことがあるんです!

 

この「オウム返しの技」も

あまりにも多用したり

極端な話、相手のお話の内容を良く聴いてもいない、理解もしていないくせに

「機械的に繰り返したり」👉これじゃ本物のオウムです・・・

 

テクニックを表面的に「使おう」「使おう」とすると

わざとらしく感じられ、逆効果になります。

 

◆そこで、大切なのが

何よりも

まず「売り込みたい内容は勿論、自分の言いたいことは全てゼロにし、

心を真っ白にして、お相手のお話を心から傾聴すること。」

 

そう、自分を無にし「お相手がどういう気持ちで、何を話しているのか

じっくり耳と心を傾けて「傾聴」することが大基本です。

 

良くあるのが

「お相手の話を最後まで聴かず」

「先走って、自分よがりの解釈で回答してしまったり、

相手の話を遮ってしまうトーク」です。

 

こればかりやってると、話し相手は内心

(コイツ、俺の話ちゃんと聞いてないな・・・
そんなことを言いたいわけじゃないんだよ、、

そんな返しは、既に良く知ってるし

俺の知りたいことから全然ズレてんだよ!!)

と思われ、ダメセールスマンの烙印を押されちゃいます。

 

◆ですから「あらゆるテクニック以前に」

あなたが心を真っ新にして

まずお相手のお話をじっくりと「傾聴する」

このマインドが極めて大切です。

 

もう一歩踏み込んで言えば

お相手の話から

「本当は、何を心の中で思っているのか?」

お相手の「表面的な言葉の奥」にある真意まで

考え、感じながら「傾聴」する様に努めて下さい。

 

◆この「傾聴マインド」

あなたの心の「余裕」と、お相手に対する「思いやり」

が本物であれば、必ず出来ます。

そうして、お相手のお話に心から傾聴した「上で」

自然と「オウム返し」が出ると

本物のコミュニケーションですから

お客様の信頼も勝ち得る訳です。

 

ヒネクレマン:「そんなこと言われたってさ、ごく自然に「オウム返し」
なんて、最初は出来ねえよ、、、 どうしたってギコチナクなるぜ・・」

私:「ハイ、多分最初は多少なりとも「わざとらしく」なるかもしれません。

だからね、練習のつもりで、ご家族や、友人、同僚との普通の会話で

この「オウム返しの術」を試してみて下さい。

この「オウム返し」、何も「営業シーン」だけじゃなくて

普通の「一般会話」でも有効なんで、うまくはまれば

家族や同僚とより「信頼関係」を深められ

「話の分かる奴だ」との高評価を得られます。

 

この「オウム返しの術」

「論より証拠」で、身近な人たちとの会話で是非使ってみてく下さい!

 

売上倍増する「オウム返しのセールス・トーク」とは?

こんばんは!

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今日は、「売上を倍増する【セールス・トーク】」

についてお話しします。

 

セールス・トークというと

どうしても、小手先のテクニック的な

ことばかりに目が行きがちですが

基本は、セールスマインドの根本と同じで

【お相手の立場、目線】に立って

【お相手の話・ニーズ】を聴く姿勢を基本として

話す。

ということは決して忘れないで下さいね。

◆それをベースとして、

対面での、セールス・トーク、特に

初対面でのお相手とのセールス・トークが

潤滑にいくための「具体的な技」を

いくつかご紹介します。

まず、はじめてお会いしたお客様には

本題(セールス)に入る前に

準備体操として、世間話や天候の話から入ることって

多し、まぁ、場を和ませる「アイスブレイク」としては

最も無難です。

でもね、このアイスブレイクもほどほどの時間にしないと

相手は白けちゃうし、内心(コイツ、無駄話しに来たいかいな?)

と思われちゃうと逆効果なので、ほどほどに!

◆さて、準備体操、アイスブレイクも終わり

本題のセールスの話に入った時・・・

一番気を付けなきゃいけないのが

「話をする分量」です。

プレゼンテーションや、商品説明を

一方的にするシュチュエーションなら

ある程度、あなたが話す時間の方が

長くなるのは仕方ありませんし

お客様も、そういうものだ、、

と思って一応聞いてくれるでしょう。

 

◆でも、そういう場ではない限り

あなただけが一方的に話しまくって

お相手が何か言いたいのを遮ってしまっていないか??

「俺、しゃべるの得意なんだ!」

そういう饒舌で、自信家のセールスマンほど

注意して下さい。

前にも、お話ししましたが

基本的に、人間は「人の話を聞く」のは苦手

自ら「話したい」し、自分の話を聴いてくれ

その話に共感してくれる人を好きになり、信頼していく

生き物なんです。

 

なので、基本的には

お相手に質問したり、コメントを促したりして

「お客様に気持ちよく話して頂く」

雰囲気を作ることを心掛けること大切です。

☚お客様が主役!

◆勿論、会話はキャッチボールですし

あなたは、何かを「売らねば」なりません。

ですので、タイミング良く

お客様が、「なるほど、君の言うとおりだね」

と言って頂ける「あなたのコメント」を挟めると

ベストです。

 

◆ただ、そうなるまでには、経験が必要です。

初心者の頃に、特に意識してやって欲しいことは

 

◎お相手が「YES」の返事しか出来ない
言葉を投げかける。

これです。

 

▼あなたの言葉がけに対し

すべて「No」だとしたら

最後に「ウチの商品を買って下さい!」

と懇願しても

お客様の答えは「NO」になってしまうでしょう。

△真逆に

あなたの質問や言葉がけに対する回答が

全て「YES」、しかも気持ちよく「YES」なら

最後に売り込みをしても

「YES」と言って頂ける可能性は極めて大きくなります。

 

ですから、「YES」と言って頂ける

しかも「気持ち良く、そうだね!!」と

言って頂けるコミュニケーションを常に心がけるべきです。

 

◆一番やりやすく、効果があるのが

 

「必殺、オウム返しの術」です。

これは、

お客様が、仰った内容を(特にポジティブな内容)

「そのままのフレーズでお返しする」んです。

 

例えば

お客様「先週の週末、ゴルフに行って、とっても調子が良かったんですよ」

あなた「そうですか! ゴルフに行かれて絶好調だったんですね!
どちらのゴルフコースでやられたんですか?」

お客様「御殿場ですよ、天気も良くて、スコアも上々で気分良かったですよ!」

あなた「あの名門の、御殿場ゴルフコースですか!凄いですね!
お天気もスコアも良かったなんて最高ですね!」

 

と、お客様が言ったキーワードやキーフレーズ、特に「気持ち」
もう一度「あなたの言葉でリフレイン(繰り返し)」しています。

 

お相手は、無意識で「そうそう、そうなんだよ!君の言う通り、気分良かったんだ!」

と思っています。

 

この会話のあと、

徐々に、ビジネスの話になり

このペースで、お客様からの返事が

全て、気持ちの良い「YES」なら

クロージンズグ(最後の売り込み)でも

「YES」と言って頂ける確率がグッと上がります。

少なくも「この営業マンは、気持ちの良いやつだな、

また会っても良いかもしれん。」と

好意を持たれることは100%保証します。

 

★今日の一言まとめ

セールストークは、お客様の「YES」を引きだせ!

売上アップのためには仕事術も!勝負を分ける「小さな習慣」って具体的には何やりゃいいのさ!

おはようございます。

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

昨日迄は、数回にわたり

1)「売上アップ」の為には「仕事」を効率的

こなしていく「仕事術」を身につけることも大切。

2)「仕事術」の基本は【集中と継続】

3)【集中と継続】する力を身につけるには

・役に立つ「良い習慣」

スモールスタートで、毎日、同じ場所同じ時間
21日間やってみよう。

という提案、ご説明をして来ました。

スマート君:「なるほど、良き習慣を身につける意味と
方法は、良く分かりました。

でも、正直「役に立つ新しい何か・・・」と言われても

具体的に「何を」始めれば良いのかピンとこないのですが・・・」

 

私:「なるほど、ごもっとも。

実は、「あなたが納得出来ること」なら

どんなことでも良いんです。

と言って終わりにしちゃうと身も蓋も無いので

事例を挙げると

1)営業日記を付ける。

これ「営業売上アップ」のためにやる訳ですから

あなたの営業活動に少しでも関係する「日記」

一日、2-3行で良いので書き続けるという意味です。

私は、毎朝、今日やるべきことのTO DO LIST
の整理と、優先順位付け

全ての仕事が終わった一日の最後に
どこまで出来たか、残った仕事は何か・・

を記録してます。

そこに、一言でも

👆「上手く行った点」

👇「失敗したポイント」

なんかも書き込んできます。

これ、もう何十年も続けているんで

空気を吸ってるのと一緒で完全に「習慣化」してます。

2)感謝の日記を2行書く。

これは、仕事もプライベートでも

今日一日で感謝したこと、人、事柄を
1つで良いので思い出し、一、二行書く。

という習慣です。

私は正直、こちらは、三日坊主で終わっていて
習慣化出来てませんけど

朝イチに、昨日の一日を振り返って
1つだけでも「感謝したこと」や

「とても気分が良かったこと」を

【思い出して】書くと、その日一日が快適になるのを
体感しています。

 

3)目標を声に出して言う。

毎朝、直近に立てた「あなたの目標」を

「〇〇を達成するぞ! 達成しつつあるぞ!」

と大声で言う。

これも、最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが

声に出すと「言ってる自分」「聞こえてる自分」の

二人の自分が「そうだよね!」と感じるんで

結構、効果的です。

 

4)好きな本を読む。

営業関係でも、趣味でも、どんな分野でも良いので

「本を少しづつでも毎日読む」習慣をつける。

私は、これは完全に「習慣化」してますね。

といっても「営業力アップ」とか「仕事術」とか

「ひとりビジネス・起業」とか

ノウハウ本が多いので、少し文芸作品など

趣味的な「読書」も追加していきたいなと思ってます。

 

5)運動する。

全ての基本である「体調管理」「健康維持」

のために、運動を習慣づけるのも本当に大切です。

ヒネクレマン:俺、体動かすの苦手だから、嫌だな・・・

「運動」と言っても大げさなマラソンだとか

本格的なモノじゃなくて良いんです。

最初は

毎朝「腹筋3回」を3週間やる。

毎晩、寝る前にストレッチ5分。

とかで十分なんです。

そこから、徐々に複利のパワーでレベルアップして
いけば良いんです。

 

6)語学のレッスン

英語のCD(あなたのレベルにあったモノ)を

毎日、通勤電車で聴く。とか。

まだ、まだ、沢山あると思いますよ。

あなたが納得できる

「営業力」「仕事力」アップ

そして究極的には

「人間力」「生きる力」がアップする

「小さな習慣」を見つけて

今から実行しましょう!!!

一年後は、別人のあなたが出現していますよ!!