営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

話題 野球

「目標」と「志」の違いとは?

更新日:

あなたの【売上アップ請負人】の

カリスマ・営業コンサル=神城豊です。

最近、営業やビジネスで成功して幸せになる為には「具体的な目標」を立てる事も、勿論大切だが、それより「志」を強く持ち続けることの方が大切に思えてきた。

では「目標」と「志」って何が違っていて、そもそも「志」って何なんだろう? という問いに対する私なりの解釈についてお話します。

「人生の目標」と「志」は、何が違うのだろうか?

「目標」と「志」は「同じ様なモノ」を含んではいるが、大きく異なる点がある。

それは

「目標」はあくまでも「個人的な、達成したいターゲット」であり、

「志」は、個人的な目標を超え、いや個人的な目標を達成した暁に、世の中にどんな変革をもたらしたいのか、もたらすのか、という点であろう。

「個人」を超えた「社会全体」への貢献、変革を含むモノ大きなスケールを【志】と呼ぶんだと思う。

例えば「大富豪になるんだ」のみだと、たとえ達成出来たとしても「個人的な目標」を成し遂げただけで、決して「志」を持ち成し遂げたとは言えない。

むしろ、

その稼いだお金で「何をするか」「世の中にどんな進歩・発展」をもたらしたか、、こそが【志】

であり、そちらの方が「個人的な目標」よりも何十倍も価値がある。

私一人の「欲望」や「ニーズ」だけを満たしても「満足感」には限界がある。「誰のために」苦労をモノともせずに、目標に突き進むのか?恋人の為、家族の為、それも勿論良いことだ。 ただ一番深い喜びを感じられ、胸躍る「躍動感」があるのは「世界中の人たちが、将来に向かって恩恵を受けられる」様なスケールのデッカイ「志」を本気で持てた時、人は真に幸せになれるのではないだろうか。

「大富豪」になって(もしくはなる過程で)、世の中をこんな風に変革したい、良くしたい、という壮大な「夢」があった方が生きがい、遣り甲斐もあるし、これこそが「志」だろう。

達成出来る、出来ないは二の次で、そうした「志」を持ち、日々真剣に取り組んでいることこそが価値がある。

そんなことを大真面目に考えている時、ふっとテレビを付けると

【野茂英雄】が目に入ってきた。

NHKスペシャルの平成史で「野茂英雄」の半生をドキュメンタリーで回顧する内容だ。

野球の本場、アメリカMLBに日本人として、いやアジア人として初めてチャレンジした野茂英雄。今でこそ、日本人プレイヤーが渡米してメジャーリーグに挑戦することなど、ごく当たり前のことになっている。がしかし、当時は「そんなことを考えたことすら」ない日本人選手、ファンだったので、野茂英雄は大バッシングにあった。しかし、MLBの両リーグにまたぐノーヒット・ノーランという史上4人目の大記録を筆頭に、野茂は目覚しい活躍をした。

野茂英雄本人のインタビューで、強く心に残ったのが

「野茂英雄は、ともかく【野球、特にピッチングが大好きで】何歳になってもマウンドに上がり球を投げ続けたい! その思いが、昔から今まで一貫して「滅茶苦茶強い人」なんだ、ということだ。

そして「野球をやるなら、世界最高峰の米国メジャーリーグという夢の舞台に立ちたい、自分の力がどこまで通用するか確かめたい」野茂英雄の純粋な強い想い、が強く表れている。またベースボールを生んだ地であり世界最高の舞台、MLBメジャーリーグへの「強い憧れ」を野茂英雄がもったのも想像に難しくない。

当時のMLB最低年俸1千万円で、当時日本野球界のエースとしての地位も名誉も、金銭も全て捨ててまでして憧れのメジャーに挑戦した姿は、今の大谷翔平を彷彿させる。

その野茂英雄が、NHKスペシャル(平成史)のインタビューの最後に、大谷翔平をどう思うか?と聞かれた時に「出来れば、バッターとしての大谷翔平に投げてみたいし、彼の球も打席に入って打ってみたいですよ・・・」(残念ながら、今の体力じゃ無理ですけど・・)とでも言いたげな不満げで、やるせない顔つきで言っていたのが印象的だ。

最後に「これから何をするんですか?」との質問に、野茂英雄は

「これから野球を目指す少年たちに、夢を実現するための場を提供していきたい。そうすることが野球で良い思いをした私が「野球に恩返しする」一番の方法だ」と言っていた。

実際に、野茂は日米学生野球を先導して開催したり、グローバルに「ベースボールが発展する」ための多くの活動をしている。

やはり、「世の中全体に恩返しをする。」という「個人の小さな目標」を超えたところに落ち着いている。

あなたの「志」は、何ですか?

 

👉トップページへ

👉第一回記事へ 

👉 前回ページ

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-話題, 野球
-, , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.