営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

営業スキル 営業の本質 営業マインド

トップ営業に「営業センス」は不要、むしろ●●が大切!

更新日:

あなたの【売上アップ請負人】の

カリスマ・営業コンサル=神城豊です。

今日は、28歳の入社5年目の若手男子営業マンから「深刻な悩み」を相談されたので、その回答を皆さんにもシェアしたいと思います。

彼の悩みは

入社して5年になるのに、未だに納得感のある仕事が出来ず『営業売上も鳴かず飛ばず』の状態が続いています・・

僕の同期入社した営業マンは、バリバリ営業をし、営業売上もたまにトップを取ったりして活躍し、優秀なやりがいのある営業マンになっている奴もいます。

営業は瞬時に、的確な回答をする必要があります。私はそれがとても苦手です。

周囲の営業マンを見渡すと新人でいきなりトップセールスの営業成績を叩き出したりする人もいるし、営業経験10年以上で結果を出せずに半ばあきらめ気味の疲れたセールスマンもいます・・・

やはりモノを売る営業って「営業センス」が大切で、先天的な才能なのでしょうか?

そもそも、営業職に向いている人、向いていない人っている様な気がするのですが、どうなんでしょうか?

『私は、営業に向いていないのでしょうか?』

営業に向いていないとしたら【私は何の職種に向いているのでしょうか?】

こういった趣旨の「質問」でした。

私からの回答と、アドバイスは下記の様なものです。

同じように悩んでいる営業マンの方に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

営業センスは必要ない!むしろ・・・

営業職に向いている人、そうではない人はやはりいます。でも営業成績を上げるには「営業センス」が絶対必要か、と言えば、そんなことはなく、むしろ「営業センス」なんてものは、営業経験を多く積み、努力して後から身に着けるものなのが基本です。

☜「営業センス」が無いのかな?

 

また、口八丁、手八丁の営業マンもいますが、無口で口下手でも誠実さと実直さでトップを取る営業マンもいます。また営業経験7年で鳴かず飛ばずだったのに8年目に先輩やお客様の一言で開眼して一気にトップセースルマンに上り詰めた営業マンもいます。ですから、数年結果が出ないからと言って「自分は営業に向いていない」と断定しない方が良いです。

また<営業は瞬時に、的確な回答をする必要があります。私はそれがとても苦手です。>と仰っていますが、必ずしもそんな事はないと思います。聞かれて分からなかったことは、素直に「勉強不足で今明確な回答は分からないが、推測するにこういうことで、詳しくは、きちんと調べて後日お知らします。」と言えば良いだけです。

 

知ったかぶりは最悪の結果を招く

☜「知ったかぶり」は身の破滅を招く。

問題なのは「お客様が言っていること」や「お客様の質問」の意味自体が分からない、もしくは「その意味を正確に把握できていない」ことです。

その時でも、謙虚かつ素直に、お客様に「何々と仰いましたが、その意味は,〇〇ということでしょうか?」と質問すれば良いのです。

最悪なのは、お客様のお話や質問を良く分かっていないのに【分かった様な口を聞いて】後で調べるにしても「分かっていないから調べようがない・・」となることや、お相手にそこを見透かされ鋭い突っ込みを入れられオタオタして商談終了となることです。

ですから、妙な営業テクニックを追いかける前に、基本的な勉強と事前の情報収集をバッチリやった後は「素直に相手の話を真剣に聴く」メンタリティーと態度の方がよほど大切です。

それから「分からないので詳しくは調べて、後日お知らせします。」とお客様に伝えたら、帰社した直後に【最優先】で「分からなかったこと」を全力で調べ、出来るだけ「その日のうちに」電話とメールで回答すること。です。お客様は「後で連絡する」とあなたが言ったことを必ず覚えています。

それに対し、実直に素早く応じる事。これは営業以前にビジネスマンとして、否、人としての「誠意」の問題ですが、お客様は「営業マンとして今後も付き合っていって良い人物かどうか」をそうした対応で、しっかりと【観ています】

逆に考えれば、営業面談の時に「宿題」が出た、もしくは「作った」場合は「営業マンとしての信頼度」を高める絶好のチャンスなんです。ここでいい加減に、ほったらかしておく営業マンと、即日「なるほど、良く調べたなあ、助かった、対応的確で早いなあ」と思われるのでは雲泥の差です。

分からないことは「詳しい人に聞け」

また「詳しく調べる」方法ですが、まずは自力でネットでググッたり、書籍・雑誌で調べるだけ調べた上で、その質問に関して詳しそうな人物(社内の先輩等)の「人に直接聞いてみる」ことも実行すると良いと思います。

今時はインターネットのGoogle検索でほとんどの質問は、解決出来ますが、正直ネット情報は100%信じて良いか若干の疑問もありますし、何よりも「実際に経験した信頼のおける人からの情報」は生々しく迫力が違いますので、是非とも適切な人からの意見も聴くようにして下さい。

 

あなたの適職は何か? そんなこと、分かりません‼

また、あなたが「何の職種、職業」に向いているか?ですが、申し訳ないですが「私には分かりませんし、仮に、私に神通力・千里眼があって、あなたの適職が分かったとしても、お伝えしません。それは意味の無いことだからです。」

☜人生の岐路は自分で決める!

厳しいことを言うようですが「どんな仕事に向いているか」は、ご本人が「決断」することで、やってみないと向いているか、いなか、は神様でも分かりません。

丁度「私はどのように生きたら楽に金持ちになれるのでしょうか?」と占い師に聞くのと一緒です。

ただ一つ言えることは、将来どうなろうとも「今、目の前にある仕事に対し、全身全霊で臨むこと」です。この積み重ねしか、あなたの未来を切り開く方法はありません。

もちろん「これ以上営業を続けると、うつ病になる、このまま今のブラック会社(パワハラ、セクハラ横行)に務めているとノイローゼになる・・等、あなたの精神や体力がもたない、非常事態であれば即辞めて「違う職種、会社」に移るべきですが、そうでなく「何となくうまく行かないから・・」という理由だけで、転職したり職種を変えても、多くの場合「同じことの繰り返し」になります。

つまり次の会社や、新しい職種でも「何となくうまく行かずモヤモヤする」可能性が大きいです。

なぜなら「あなたの悩みは「営業という職種」や「会社」にあるのではなく【あなた自身】にあるからです。」

つまり

「いかに生きるか」「何を目的、目標、生きがい」にして生きて行こうか、が全く定まっていないからこそ、悩む訳です。

この根本的な部分にじっくり向き合う必要があると思いますね。

その「いかに生きるか、生きがいは何か?」も大命題ですが、目の前にある「実際の仕事」や「現実の人間関係」に必死に取り組むことによってのみ、そうした大命題も見えてくるはずです。

頑張れ、若きセールスマン!

将来のトップセールスマンを目指して!

 

👉トップページへ

👉第一回記事へ 

👉 前回ページ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-営業スキル, 営業の本質, 営業マインド
-, , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.