営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

名言、ことわざ 営業の本質 幸せに成功する 成功哲学 未分類

あなたの人生の後悔を【将来の幸せと成功】に活かす方法とは?

更新日:

あなたの人生で大きな後悔って何ですか?

あなたの【売上アップ請負人】の

カリスマ・営業コンサル=神城豊です。

◆あなたは「人生」で大きな「後悔」をしたことがありますか?

例えば、夜寝る前に、自分の生きざまを振り返り

【あの時、ああやっていれば良かった・・・】

【あの時、あんなコトしなければ、今頃はもっと幸せなのに】

とか、フッとそんな【後悔の念】が脳裏をよぎったことがありませんか?

ヒネクレマン: オウオウ! 俺なんか「人生、後悔の塊」だぜ!
でも「後悔、先に立たず」「後の祭り」とは良く言ったもんで
後悔しても「手遅れ」だから、諦めてるけどな・・
ところで、先生よ、アンタは自分の人生で後悔してることあるのかい?

神城: もちろん、沢山ありますよ!

例えば、20歳代の時、不動産投資をあのタイミング(バブル崩壊直前)じゃ
なくて、もっと早くやっていれば

今頃、大金持ちなのに!

とか、

アメリカ駐在中に、あそこまで仕事に命がけで取り組まないで

健康に気を付けていれば

【大病で倒れて、死にそうにならずに済んだのに!】

はたまた、

【あの時、あんな人と結婚しなければ・・・今頃はもっと幸せな人生が・・】

学生時代に、人生の意味や目的をもっとしっかり見つめて
もっと【本物の勉強】をしておけば良かった・・・

とか、大きな後悔でも、すぐに出てきますね・・・

こんな風に、

過去を後悔し「あの時、ああしていれば、」とか「あの時、あんなことをしなければ」

「今頃は、もっと幸せだし成功もしていた。」

と、フッと思う事って誰にでもあるんじゃないかと思います。

 

◆でもね「過去と他人は変えられない」

その時の「辛い過去の経験」があるからこそ「今のあなた」がある訳です。

だから「あの時、こうしていれば」の

「こうする」を普遍化して「今の状況」や「今の人生の課題」に

【置き換えて】、今すぐ実行してみることです。

これが、広い視野での「人生のあるべきPDCA」でしょうね。

 

後悔は、あなたが作り上げた「幻想」に過ぎない!

◆しかも「後悔」の大半って「本当にそうなのか??」全く分からないことを

自分で「勝手に思い込んでる【想像の産物】に過ぎないんです。」

つまり、「あの時もっと早く不動産投資」をしていれば

本当に「今頃、大金持ち」になっているんでしょうか?

もしかしたら「もっと派手に借金して、今より貧乏」になっているかもしれません。

☜「もっと悲惨な生活に・・?」

 

また「あの時、無理に結婚しなければ、本当に今より幸せに、なっていたんでしょうか?」

そんなことは「誰にも分かりません・・・」

☜今は幸せでも・・・

☜先々は、神のみぞ知る・・(逆も真なり)

 

「人間、万事塞翁が馬※1」とか「禍福は糾える縄の如し※2」とかいう様に

「あの時、ああしていれば」「ああしなければ・・」というのは

私や、あなたの「勝手な思い込み」で「本当により良くなっていたか」は

神様でも分からない訳です。

だから、過去を悔やんでいるだけ、というのは、全く「無意味なこと」なんです。

 

◆そうです。「後悔」だけして過去を悔やんで「しまった・・」という
嫌な気持ちだけを、ずっと引きずっていても

あなたの「今」も「将来」にも、何も良い影響はなく
悪影響だけが広がってしまうだけです。

◆「あの時の「失敗」(と今思っている)が、あるからこそ
今のあなたがあるんです。」

「過去に起きたことの事実」は決して変えられませんが

「過去に起きたこと」の【解釈を変える】こと

は、いくらでも出来ます。

そして「あの時、こうしておけば良かった」「ああしなければ良かった」

と思うことを「現在のあなたの状況」に当てはめて、そのまま実行すれば

「過去の悔い」は、今に活きる「分析」に変わり「貴重な経験」と

なるんです。

ヒネクレマン: ウううん、分かるけどよ、でも過去と現在じゃ
「状況」が違うし、そのまま当てはめるって無理があるよな。

「時代」が違うし、そもそも俺自体が「年取っちゃってるし」

そこんとこ、どうなんだい?

神城: おっしゃる通りです。 20歳代での「失敗経験」を50歳代
になって、そのまま活かそうとしても

確かに「時代背景」も「自分の年齢」も大きく異なるので
「そのまま適用するのは難しい」です。

でもね、どんなに時代が変わり、歳を取っても

【変わらない普遍的な、原理・原則】

というのがあるものです。

モノの【本質】を見抜くことが必要です。

 

◆例えば、私の実例で言えば

不動産投資の失敗、結婚の失敗、仕事のやり過ぎで体を壊したことの失敗

これらに【共通】する【本質】の1つに

「身の丈を遥かに越えた努力」は、破綻する。

という「私固有の問題点」(もしかすると一般的にも)が浮かび上がります。

もっと言えば

「自分だけが得をしたい」

「自分だけが良い思いをしたい」

という利己主義な感覚が、自らの破滅に近い状況を生み出した、、

とも【分析】出来ます。

あとは

「時代の大きな流れ」と「近い将来変化」を観れていなかった。

ことですね。

 

では、この反省的【分析】を、将来の私の人生を良くするために

どうやって活かせば良いのでしょうか?

簡単に言えば

【過去の本質的な失敗原因】の【真逆のマインド】

身に着け、実行すれば良いだけです。

つまり

1)「身の丈」を守る。

せいぜい「身の丈」の1~2割増し程度の目標で留める。

 

2)利己的ではなく「利他的」になる。

これは、何も「無理して自己犠牲的に貢献しろ」という意味ではなく

「他者が喜ぶこと」「他者の役に立てること」をすることが

自分の喜びや遣り甲斐に感じられるようにすること、の意味です。

 

3)時代の大きな流れを感じること。

特に、近い将来世の中がどう変化していくのかに敏感であれ、
ということですね。

 

あなたも、是非とも「今までの人生を振り返り、後悔ではなく

将来に活かす【反省的分析】をして【明るい未来】を切り開いて下さい!

 

今日は、ずいぶんと「大げさな人生論」の話になりましたが

実は、この考え方やマインドは、あなたが【一流の営業マン】

になることにも、具体的に大いに活用出来るんです。

それは、また次回のお楽しみに!

👉トップページへ

👉第一回記事へ 

👉 前回ページ

(※1)人間、万事塞翁が馬

人間=世間の意味。 中国の故事。昔老人が買っていた馬が逃げ、周囲の人は「可哀そうに、残念でしたね」と慰めたが、老人は「イヤイヤ、これがどんな幸運になるとも限らない」と言った。すると暫くして逃げ出した馬が多くの駿馬を連れて戻って来た。これを見て近隣の人々は「これは良かったですね、ラッキーなこともあるもんですね!」と言ったが老人は「イヤイヤ、これがどんな不幸に繋がるか分からないよ」と返した。

そうすると、その駿馬に乗った老人の一人息子が落馬し足を骨折してしまった。人々は「これは災難なことで、」と慰めたが、老人は「イヤイヤ、この骨折がどんな幸運になるか分からないよ」と言ったが、流石に周囲の人たちは「落馬で骨折が幸運に繋がること」なんて無いだろう、と思っていたが、

城壁を攻められ多くの若者が戦場へ駆り立てられ亡くなったが、老人の一人息子は「骨折していた為に」戦場に行かずに済み、一命を取り留めた。という逸話。何が幸いで、何が不幸につながるかは、目先の事では分からない。一見ラッキーなことでも不幸につながり得るから、いい気にならず気を引き締めろ、逆に一見不幸なことでもラッキーな原因になるから、落胆し過ぎず現状を素直に受け入れろ、の教訓かもしれません。

※注2「禍福は糾える縄の如し」

1.災禍と幸福とは糾った(縒り合わせた)縄のように表裏一体であり、一時のそれに一喜一憂しても仕方がないということ。(引用元:ウィクショナリー)

2.《「史記」南越伝から》幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくるということ。吉凶は糾える縄の如し。(引用元:デジタル大辞泉)

まとめの一言:人生の後悔は、あなたの想像による「自己憐憫」に過ぎず「幻」です。そんなことに貴重な「今」の時間を費やす事こそ「後悔・反省」すべきです。後悔ではなく「冷静な分析」から「生きた知恵」を導き出し「たった今この瞬間」「明日というあなたの将来」に活かす方がどれだけ「精神衛生上」も良いことでしょうか!良し悪しは、あなたの「考え方」「捉え方」で百八十度変わってきます。是非とも「今」と「明日」に活きる「感じ方」をする「クセ」を付けて下さい!

👉トップページへ

👉第一回記事へ 

👉 前回ページ

 

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-名言、ことわざ, 営業の本質, 幸せに成功する, 成功哲学, 未分類
-, , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.