営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

ニュース 政治

南北首脳会談、金正恩・文在寅はじめて軍事境界線を越える。~友好ムードの裏で・・

投稿日:

南北首脳が、境界線を手を握り超える・・・

世相を斬る!

ぶった斬りオヤジ侍、参上!

◆北朝鮮と韓国の南北首脳会談

韓国側の平和の家で10年半年ぶりに開催された。

両首脳は終始、にこやかな笑顔

仲良く手を取り合って、境界線をお互いに
越え合った。

金正恩氏は

「軍事境界線は、高くも無いし簡単に越えられた
ここに来るまで11年もかかってしまった。」

文在寅大統領

金正恩氏が、ボーダーを超えた瞬間
ここは平和を象徴する場所になった。
朝鮮半島に春が来た。」

と、手放しの友好ムード一色、、

◆平和、友好ムードが高まるのは良いことだ。

また、確かに北朝鮮のトップが軍事境界線を

徒歩で超えたのは「歴史的な瞬間」ではある。

但し、問題は「会談の中身」である。

最大の焦点である

【非核化】は、板門店共同声明に「文言」としては

入ったものの

「朝鮮半島全体の非核化」という言葉であり

北朝鮮が無条件に核とミサイルを放棄する、
という意思表示は微塵もない。

※実際その意思もないだろうし・・・

また、核放棄に対する「具体的なスケジュール」
関する言及も一言もない。

まあ、これは「アメリカ・トランプ大統領」との

米朝会談に、お預けの格好なのだろう。

日本としては「拉致問題」に関する話し合い
言及が一言もないところは、気がかりだ。

◆もっと言えば、金正恩将軍様は

天才的な「役者」じゃないか?と感じたね。

なぜって、

つい数か月前まで

「ソウルを火の海にする」

「アメリカ帝国を崩壊させる」

と息巻いていたのに

今回は、世界に、向けて

まるで「世界に平和をもたらす平和の使者」ヅラ

しているからだ。

どこまで本気で「核を完全放棄」するつもりなのか

それとも「核を放棄」した格好だけで

経済制裁の解除や経済支援を取り付けるつもり

なのか、本当の腹は分からない・・・

 

◆金正恩の笑顔の「微笑み外交」に惑わされず

国際社会は「核の放棄」を徹底検証することが

必要だ。

アメリカのトランプ大統領とその取り巻きの

外交手腕が試される番だが、果たして大丈夫か?

日本は、蚊帳の外だが、米朝会談後に

チャンスを捉え、日朝首脳会談を実現

「日本人拉致者」の全員帰国

「核・ミサイル廃棄」への道筋に

コミット出来る様に、今こそ日本外交は

全精力を上げる時だ。

森、加計、セクハラ、など愚にもつかない

問題を処理しきれないと「国際社会」から

置いてけぼりを食らってしまう・・・

👉トップページへ

👉第一回記事へ 

👉 前回ページ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-ニュース, 政治

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.