営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

コミュニケーション セールストーク 営業スキル 営業の本質 営業マインド 営業戦術

何を売りに来たか知らないのに買ってくれた社長の不思議~一流営業マンの神髄の秘密~ その2

投稿日:

あなたの【売上アップ請負人】の

カリスマ・営業コンサル=神城豊です。

 

前回は「営業はモノやサービスを売り込む」のではなく

結果として「お客様に必要なもの」

お相手から【求められて、買って頂く】ことなんだ。

というお話をし、

その実例として、私の実体験をご紹介し始めたところでした。

神田昌典氏の「あなたの会社が90日で儲かる!」という

著作で言っている通り

初回訪問前の「創業者・社長」宛に

事前に「当社の会社案内、商品ラインアップ」

ハマりそうな「サービス提案」を、郵送しておいたんです。

■いよいよ面談日、、

想像より、温和で優しい感じの社長さんでした。

☜こんな感じの苦労人、社長さん。

 

でも、初めてお会いするので

何から切り出そうか、ちょっと迷ったのですが

気候の話や一般的な景気動向など

アイス・ブレイクした後

ふいに、私の口から

「社長様は、どうしてこの会社を創業されたのですか?」

相手に対する自然な興味からの質問が、無意識に出たんです。

すると、その創業社長

しばらく窓の外を見てから

「実はね、、、、」

自分は幼少の頃から、ひどく体が弱く、病気がちで苦労したこと、

大人になってから、どうしても

「病弱で困っている子供たちを救いたかったこと」

など、

「会社を立ち上げた理由」

自らの生い立ちを含め、また自分の「経営理念」

合わせ、情熱をもって、30分以上に亘ってお話して下さいました。

私は、ただ、もう、じっくりと「聴くこと」に専念しました。

◆私は、その社長の壮絶な生い立ち

素晴らしい「経営理念」に魅かれ

心の中で

「素晴らしい方だな、もっとお話を聴きたいな、」

と思い

【自分の商品を売ることなど忘れて】

色々と「社長自身」について「純粋な質問」を、していました。

そして、お話を聴き終わったあと、不覚にも涙が出てきました。

 

(グッと堪えましたが、涙目にはなっていたでしょうね・・)

※続きは、完結編、PART3で、お話しします!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-コミュニケーション, セールストーク, 営業スキル, 営業の本質, 営業マインド, 営業戦術
-, , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.