営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

未分類

何を売っている営業か知らないのに買ってくれた社長の謎~真の営業マンの神髄とは?~【完結編】

投稿日:

 

 

社長のお話の中に「今、従業員の残業時間などの勤怠管理

で困っている、なにせ昔と違って『働き方改革』で

世の中がうるさいからね」という話が出て来たので

「うちのサービスでお役に立てる」

と確信したので

思い切って

「社長のお悩みを解決出来るサービスご提案が出来るのですが

如何でしょうか?」

と恐る恐る言うと

社長は「そうか、是非試してみたいね。

ところで、君は何を売ってるの?」

これには、私も愕然としました・・・・

内心(エッ! この社長、お送りした会社の資料

見てないの?)と思い

「社長さん、事前に郵送させて頂いた当社の資料は

ご覧になって頂けたでしょうか?」と聞くと、

なんと

「忙しくて、見てないよ、、」と・・・

何を売っているか知らないのに

「是非試してみよう」って・・・

 

まじまじと社長さんのお顔を見ながら

「実は、資料にもあるのですが

社長が今困っていらっしゃるという

従業員の残業時間などの労務管理について

丁度、当社システムで解決できると思うのですが」

社長は、しばらくジッと資料を読み込み

数個の質問をしたあと

「いいじゃないか、やってみよう!

購入前提で、担当役員を紹介するから、

詳細は彼と相談してくれたまえ。」

と笑顔で別れました。

ウソの様な「本当の実話」なんですが

この体験から私の営業に対する感覚が

180度変わりました。

1)「売り込むのではなく、相手の【悩みを聞き出す】ことが先決」

だと。

更に

2)「営業相手を好きになれ」

3)「好きな相手が【話したい話】を出来る雰囲気を

相手に合わせて作り、良い質問をしろ」

4)「相手の人柄やお話に純粋に【興味を持て】」

などの生きた「ノウハウ」を、この社長さんから

教えて頂きました。

◆まずは、初対面でも

1)「お相手の良い所を探し好きになる」

2)「お相手の話に興味を持ち、素朴な質問をする」

この2つだけでも、今日から実践してみて下さい!

全てが私の体験談の様に「絵に描いたように上手く」は

いきません。

でもね、こちらが

「売らんかな」

「買わなきゃ、帰らない」

という押しつけがましい「押し売り」営業スタイル

なのと

「自分の話を真摯に聴いて興味を持ってくれてるな」

とお客様に伝わるのでは、

その後の展開が全く変わってくるのは明白です。

で、最初のうちは、そうそう上手くいかなくても

10社、10人のお客様に「同じマインドと態度」で

接していくうちに、相性とタイミングの良い

お客様に「必ずあなたも出会います」ので

諦めずに「継続」して下さいね!

頑張れ、営業マン!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-未分類

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.