営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

コミュニケーション セールストーク 営業スキル

3分で、お客の信頼を勝ち取る「秘密の方法」とは?

投稿日:

こんばんは!

あなたの【売上アップ請負人】の

カリスマ・営業コンサル=神城豊です。

昨日は

「商品を売り込む前に、あなた自身を売り込み

お客様に「あなたの人柄」を知ってもらい

共感し、好意を持ってもらう事」

が、営業の鉄則だ。

というお話を、歌舞伎町の怖いお兄さんや

ザイアンスの法則なども織り交ぜて

お贈りしました。

 

お客の信頼を勝ち取る「セールス・トーク」とは?

■今日は

では「どうすれば、あなた自身の人柄を

お相手に売り込み、共感を得て好きになって

もらえるのか・・・」

について、お話しします。

■人は誰でも

「自分と似た者、共通した部分」のある人やモノに

共感し、好意を持ちます。

☚似た者同士は気が合う?

あなたも、こんな経験ありませんか?

あるパーティーで知り合った見ず知らずの男性に

声を掛けられ

最初は「うっとうしいな、なにこの人??」

「警戒心」全開だったのに

あなたと「出身地」が一緒で、しかも

「通っていた小学校、中学校」も一緒だった!

って分かった瞬間に

「エッ!! マジですか! 奇遇ですね!

そういえば、担任だった小池先生はご存知ですか?」

などと、一気に「距離感」が縮み

何年来かの「友人」の様に、話が弾んだこと・・

☚同窓生は話が弾む!

そう、前にもお話ししましたが

人は「自分と共通の話題」があると

初対面の人でも、警戒心が薄れ

親近感が湧くものなんです。

 

■それを応用して

お客様に「あなた自身を売り込む」には

お相手との【共通の話題】を探す「習慣」を

つけることなんです。

話題のネタは「多ければ多いほど」良いですが

例えば

・家族(特に子供ネタ、や伴侶(奥さんや旦那様)
の話題。

・趣味(スポーツ、映画、芸術など)の話題。

何でもOkなのですが

家族の子供ネタで「共通項」が見いだせると

一気に「お客様との距離感が縮む」

実例を沢山経験して来ました。

お客様の「お子様が小学生」くらいで

勉強させようとしているがなかなか言うことを聞かない、

とか、

子供にサッカーやらせてて、凄く上手なんだ、、

など、お相手が「自慢」や「悩み(軽めの)」を

話し出したら、しめたものです!

☚家族ネタは共通する良い話題

あなたも、本音で同調して

「分かります! 家の息子も全然言う事聞かなくて困ってます!」

とか

「え、そうなんですか、うちもサッカーやってますけど

下手くそで・・・」

なんて感じで相づち打てば、

こちらが何も話さなくても

お相手は、とどめなく話し始めますね。

気持ちよさそうに!

お客様が「気持ちよく話してもらえる」

しかも「あなたと共通の話題」で、

となれば、既に、お相手は

あなたの「人間味」を感じ出してくれているんです。

あとは、気持ちよく「話を続けてもらう」ことに注力すべきですね!

この間なんか、2時間も家族ネタでお客様をお話しして

意気投合しました。

2時間と言っても「90%は、お客様がお話してましたけど」

家族、子供ネタ、是非、試してみて下さい。

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-コミュニケーション, セールストーク, 営業スキル
-, , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.