営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

仕事術 営業スキル 営業マインド

売上を倍増する「営業コミュニケーション術」の極意とは?

更新日:

今晩は!

あなたの【売上アップ請負人】の

カリスマ・営業コンサル=神城豊です。

前回は、

【悪質クレーマーの見分け方と撃退方法】

について、お贈りしました。

今回は

あなたの売上をアップする最上のコミュニケーション術

についてお話しします。

◆営業マンの「コミュニケーション能力」

大きく2つに分かれます。

1)お客様に「伝える」能力(セールス・トーク力)

2)社内で、他部門や上司を説得し動かす「コミュニケーション」能力

の2つです。

外向け、お客様向けのコミュニケーション能力と

社内向けのコミュニケーション能力の2つですね。

👆セールストーク力         👆社内コミュニケーション力

◆これ、基本は一緒ですが

やはり、微妙に異なる「能力」なので

対外的、対内的な2つの能力があるんだな。

といった程度の認識は常に持っていて欲しいものです。

 

◆例えば、私の先輩で

対外的な能力は抜群

お客様の前に出ると抜群の「説得力」と「聴き取り力」

を発揮して、バンバンと注文を取って来るのに

なぜか、社内受けが悪くて

「せっかく取ってきたビジネス」が

社内の協力を得られずにとん挫する・・・

なんて実例があります。

なので、お客様向けも社内向けも

コミュニケーション能力は

2つあって、売上アップにつながります。

あなたのトークは「お客様目線」になってますか?

◆まず、お客様との「コミュニケーション能力」ですが

常に「お客様目線」に立つこと。

これが最重要です。

☚お客様目線かチェック!

 

セールストークに慣れていない新人営業マンですと

とにかく「自分が何かを喋らないと・・」

「商品の良さをアピールしなきゃ!!」

「自分がしゃべること」と「その内容」

にばかり、気がとられて

お客様の「反応」を見る「余裕」が皆無です。

これでは、お客様は「引いて」しまいます。

 

◆自分が売り込みたい「商品」や「サービス」

の良さをしっかり把握し、どんな質問にも

答えられる様な「準備」をしておくのは

当たり前の前提ですが

その上で、出来る限り

「自分が喋りたいこと」は、後回しにして

目の前のお客様に「話して頂くこと」

これに注力するのが、一流の営業マンです。

専門用語は避けてますか?

◆自分が話をするにしても

業界の「専門用語」を連発していないか?

お客様に「通じる言葉」で分かり易く話しているか?

は、常にチェックしておく必要があります。

 

◆お客様目線に立つ基本は

「お相手が理解できる分かり易い言葉とロジック」

で話しているか、

独りよがりの内容、言葉になっていないか

本気で【お相手の立場に立って】

チェックすること極めて大切です。

次回は、お客様目線に立った

売れる「セールス・トーク術」について

もっと突っ込んだお話をしたいと思います!

お楽しみに!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事術, 営業スキル, 営業マインド
-, , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.