営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

営業戦術 幸せに成功する 成功哲学 目標達成

年間目標達成のために「なぜ三か月毎の振り返り」が有効なのか?

投稿日:

こんにちは!

あなたの【売上アップ請負人】

カリスマ・営業コンサルの神城豊です。

前回は、

【巨大な目標は、細切れにして食べろ!】

というお話を

・クジラの食べ方

宇宙旅行のエピソードを交え

お贈りしました。

☚「宇宙旅行」

☚「巨大クジラ」を食らう!

 

◆今回のテーマは

新年の抱負を実現化するには

【一年を4等分しろ!】

です。

これは、どういうことかと言いますと

企業の業績評価は

よく三か月ごと上四半期とか1Q=1st Quaterと言ったりします。)

に区切って「目標達成度」をチェックしています。

第一四半期(1月~3月)

つまり

2018年を

1)1月~3月

2)4月~6月

3)7月~9月

4)10月~12月

の4つの期間に分けて

各3ヶ月毎

「自己評価」

次の「3ヶ月」に向けて
施策を見直したり、再分析して

「計画の練り直し」をやっていく。

ということです。

☚計画の修正

 

◆もちろん、日々のチェックや

月毎や半年ごとにもこうした

チェック、検証、改善点の洗い出し

と次に向けての「行動計画の練り直し」

は実施するのですが、

一か月だと見えず短すぎて「見えずらい傾向・実績」があったり

×半年だと長すぎて「手遅れ」になる実績・反省が出てくる

ことが往々にして出てくるので

この【3ヶ月毎】

「チェック→確認→反省→改善→新たなる次の一手」

を実施して欲しいんです。

 

◆なにも、そんなに難しく考えることはなく

新年にあなたが立てた「抱負」

三か月ごとに、どこまで達成されていて

未達成の場合は「どこに主な原因」があり

どうすれば次の三か月で挽回できるのか?

を三か月の節目ごとに、振り返ってみよう。

というだけですので、実施してみて下さい!

◆コツは

今の時期(つまり1年の冒頭=年初

に「年間計画=新年の抱負」を作る時に

「成果計画を三か月毎で予定する」ことです。

お金や、人・時間・手間といった「リソース」

が必要な場合も「三か月ごと」に

どのくらいのお金、人員が必要なのか

予算化しておくのが出来る「営業マン」です。

 

◆その年初に立てた三か月毎の計画・予算が

計画通り、予算通りに進捗しているなら

良いのですが、ギャップ(特に未達の場合)

は徹底的に「原因と改善策」を練る必要があります。

☚未達には「原因」があり「対策」もある。

 

◆やっていくうちに、

この「三か月」という期間の持つ意味

分かってくると思います。
(つまり、チェックし振り返るのに
長すぎず、短か過ぎずという意味です。)

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-営業戦術, 幸せに成功する, 成功哲学, 目標達成
-, , , , , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.