営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

仕事術 営業スキル 営業戦術

一流の営業マンになるための「議事録」を書く方法とは?

投稿日:

おはようございます!

あなたの【売上アップ請負人】

営業カリスマ・コンサルタントの神城豊です。

いよいよ、2017年も「今日で最終日」

大晦日ですね!

「大掃除のやり残し」

「年賀状の書き残し」

など

「今年一年の締めくくりを

【やり残し】をクリアー

スッキリと、全く新たな気分で新年・元旦を迎えられる

ようにしましょうね!

☚大晦日、除夜の鐘

 

◆さて、前回迄は

売上をアップさせるために

「メモ魔」になろう

但し、

◎「良いメモ魔

×「悪いメモ魔

があり、「お客様と対面しているケース」

での「良い」「悪い」の相違について

お話ししました。

◆今回は、大勢の社内外の人間が一堂に会して

「会議」をした時の「議事録」の書き方

メモの取り方についてお贈りします。

まず最初に「絶対に覚えておいてもらいたい」

【会議・議事録】の最重要事項をお伝えします。

それは

「議事録は、出来る限り【自分で書け】」

ということです。

特に「お客様との打ち合わせ」

重要な「決定事項」の会議

社内でも「他部門との利害調整で決定が行われた会議」

などでは、普通は「主催者」や「事務局」

「議事録」を書いて、出席者に配布するものです。

 

でも「誰が議事録」を書いても良い場合は

【必ず、あなた自身が】関係者の承諾の元

書くべきです。

 

ヒネクレマン:「議事録なんて、めんどくさいし、

誰が書いても同じだろ!!

手間かかるから、

出来るだけ、相手に書かせりゃいいじゃん。

もしくは、若手にやらせときゃいいんじゃねえ?」

☚「議事録なんてめんどくせえ!」

 

神城:そこが【大きな間違い】なんです。

なぜか・・・

 

【議事録は[誰が書いても同じ]じゃないんです!】

 

同じ会議でも、【書き手の主観】によって

強調するところや、論調が大きく変わって来ます。

ですので、あなた自身やあなたの部署に

「少しでも有利」になる様に【あなた自身】

書くべきなんです。

 

でもね、勘違いして欲しくないのが

「情報操作を意図的にやれ・・」

ということじゃないんです。

☚「意図的な情報操作」はNG

情報操作を意図的にやると

×「不正」の元ですし、

×真実がゆがめられ「解決すべき課題」も「見えなく」なります。

×何よりも「あなた自身が自分の首を絞める」結果になります。

 

◆ですから「会議の議事録」

できうる限り

客観的な【事実】と【決定事項】、【宿題】を明記すること」

これが、大原則です。

その大前提は崩しませんし、崩しちゃダメ

なんですが、

「同じ会議」でも、書き手によって

「議論の微妙なニュアンス」

「取り方によって変わってくる部分」

で、内容が異なってくるのも「事実」なんです。

 

ですので、

会議の議事録は、出来る限り

【あなた自身が書け】

が第一に、実行して欲しいことです。

それに、あなたが「若手」なら

議事録を自ら書くことで

もう一度

1)「内容を整理し」

2)「理解を深め」

3)「課題・宿題」を認識し

4)次に取るべき「アクション」
  を明確化する。

のに【あなた自身が書く】のが

一番手っ取り早く、かつ有効な手段です。

次回は「議事録の、上手いまとめかた」

をお贈りします。

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事術, 営業スキル, 営業戦術
-, , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.