営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

営業スキル 営業マインド 営業戦術

あなたの視野を広げ、売上もアップさせる【共通リスト】の落とし穴・タブーとは?

更新日:

おはようございます!

あなたの【売上アップ請負人】のカリスマ・アドバイザーの神城豊です。

前回は、

他の営業マンの持っている【個人用・顧客リスト】

【あなた専用の顧客リスト】

合体させて

☚合体ロボ!?

あなたの視野を広げ、

あなたの脳内で「様々な顧客情報」を連鎖させ

思わぬ「シナジー効果」を生むための

【共通・顧客リスト】を作成し活用することをお勧めしました。

これ上手く活用すれば「本当に思わぬ売上アップ効果」を

生むのですが、何事も良い面があれば「負の面」もあり

【両刃の剣】になりかねません。

☚両刃の剣、ちゅうより魔剣?

■他の営業マンの【個人用顧客リスト】

あなたの【専用・顧客リスト】

を合体する時、絶対に『やっちゃいけないタブー』があるんです。

そう、勘の良いあなたなら、もうお気づきでしょう!

あなた【専属の顧客リスト】には

お客様のユニークな「個人情報」が多く含まれているはずです」。

特に「あなたが主観的に思っている、お客様のキャラクター

例えば「Aさんは気が短い」とか

「B夫は、合い見積もりの時、こちらを出しに使うことがある。」

などなど、場合によると「悪口」にも取られかねない

「あなたの主観部分」のコメント、メモは

絶対に【共有リスト】に載せてはいけません。

 

といいますか、その手のコメントは、

最初から【マル秘・個人専属リスト】にしか書かない、

で門外不出にしておくべき情報ですね。

お客様の個人情報以外でも

【あなたの主観的な判断】

共通顧客リストに出しても良いですが

あくまで【主観である】ことが誰の眼にも

明かになる様にするべきですね。

例えば「最近の業界動向、上向きとか曇りがちとか」

そういった類の情報です。

まあ、一番無難なのは「客観的な事実、数字」だけを

共通リストデータとして提示する。

ってことですが、これに縛られ過ぎると

面白い、役立つ「共通リスト」からかけ離れ

て味気なくなってしまうので、

事前に「どこまでの主観情報を提示し合うのか」

部門や、グループで話し合って「基準とルール」

決めておくべきでしょうね。

☚「共用リスト」は「基準とルール」を明確に!

そう、ある程度「主観」が入っていないと

リストが活き活きせずに

お飾りの人形にもなりかねませんので・・・

大人の常識で作成して下さいね!

☚お飾り人形じゃあね・・

 

それと、もう一つ

共通リストの物凄い「活用法」があるんですが

それは次回のお楽しみに!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-営業スキル, 営業マインド, 営業戦術
-, ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.