営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

仕事術 営業スキル 営業の本質 営業マインド

あなたの営業視野を一気に広げ売上アップに貢献する、もう一つの「顧客リスト」とは?

更新日:

こんばんは!

あなたの【売上アップ請負人】のカリスマ・神城豊です。

前回は、

【あなた専用の顧客リスト】

営業マンとして、ビジネスマンとして

「一生の財産」になるから

「小さく始める」でOkなので、

【今すぐ】始めて下さい!

というお願いをしました。

 

◆今までは【あなたが個人で作る「顧客リスト」】

のお話でしたが、

【顧客リスト】には、それ以外に

営業部署全体で作る

【みんなで共有する『顧客リスト』】もあります。

もっと大規模の場合は

会社全体で「顧客リスト」を見直そう。

そうした動きがある時に出回る【みんなの共用お客様リスト】

もありますよね。

ヒネクレマン:
「俺の会社はよ、小さいからそんな【共有リスト】なんて、ねえよ!」

☚ヒネクレマン

神城「なるほど、それなら営業パーソンが、あなた1人でなく仲間がいるなら

営業の仲間と一緒になって【みんなと共有する顧客リスト】

を創るべきですね。

ヒネクレマン:「そんな共有顧客リストって、どうやって作るのさ!

しかもライバルと?? 意味あるのかね?」

カリスマ・アドバイザー:
【共用の顧客リスト】の作り方は簡単です。

あなたと、仲間で話し合って顧客リストで

上げる「項目」を一致させ、あなたとみんなの

「顧客リスト」を合体させるだけです。」

それとね・・・

営業マン同士は「社内でライバル」なのかもしれませんが

大きな視野でとらえれば

本当のライバルは「同業他社の営業マン」だし

もっと視野を広めれば

真のライバルは「日本ではなく、海外の他社セールスマンたち」なんです。

社内の営業マンを良い意味で「ライバル視」して

お互いに「切磋琢磨」するのは、とても良いことです。

【健全な競争の無い所に、成長・発展は無い。】

と言いますから。

☚アドバイザー

 

■でもね、ここは度量を広く持って

あなたも、社内ライバルの情報を共有することで

「利益を得る」ことも多々あるはずですから

積極的に「ライバル」と情報共有を進めましょう!

 

■この【共通の顧客リスト】が出来上がり、アップ・デートされる

メリット

1)あなた自身の視野が広がる。

2)他の営業マンが「いま、どこの顧客を、どうやって攻めているか」
分かる。

3)あなたの顧客と「密接につながった顧客」の動向が分かり
あなたの営業戦略にプラスになる。

4)新規顧客開拓の大きなヒントになる。

など、限りない相乗(シナジー)効果を、あなたにもたらします。

 

■以前、こんなことがありました。

共用の顧客リスト上に

私が「攻めあぐねていた」会社の「親会社」の

社名を発見したんです。

早速、仲間の営業マンに詳しい話を聴いてみると

なんと、彼が極めて親しい「親会社のボス」が

いま、私が攻めあぐねている担当者の元の上司だったこと

が分かり、その「元上司」からの依頼チャネルで

受注出来たんです。

ここまで「綺麗にハマる」ケースは珍しいとはいえ

常に「自分の顧客」だけでなく

違う業界の「お客様」ですら「興味を持って情報収拾」する

【広い視野】を持っていると

あなたの【営業センスの幅】が一段とランクアップし

売上アップに貢献します。

【共通の顧客リスト】、是非とも「作成」始めて下さいね!

但し、この【共通の顧客リスト】を創る際に

※『気を付けなきゃいけない落とし穴』

があるんですが、それは次回のお楽しみに!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事術, 営業スキル, 営業の本質, 営業マインド
-, , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.