営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

営業スキル 営業の本質 営業マインド

田中角栄とJALのCAに共通する「営業マインド」って何?これスグ活用出来るよ!

更新日:

おはようございます!

あなたの【売上請負人】のカリスマ・セールス神城豊です。

前回まで【顧客リスト】は命より大切。

役に立つ【あなただけの顧客リスト】の作り方

についてお贈りしました。

☚「顧客リスト」は営業の命

【顧客リスト】の中には

あなたが営業で一番接する

ご担当者様(窓口)の方の

プライベート情報も出来るだけ「記載する」ように

心掛けましょう。というお話をしました。

 

「人たらし」で有名だった、昭和の大政治家「田中角栄」は

大蔵大臣(今の財務大臣)だった頃

自分の部下である「役人」自身の「誕生日」は勿論、

幹部クラスの部下の「奥様」の誕生日

全て把握していて

必ず「高級スーツ」のお仕立券

バースデー・プレゼントとして贈っていたそうだ。

☚田中角栄

 

◆政策や、方針を決めて責任を取るのは

田中角栄自身だが、実際に「法律」を立案したり

あらゆる調整などの下働きや実務をこなして

くれるのは部下である「役人」だ。

ただ「普通の会社」と違って

大臣は、内閣改造や選挙、スキャンダルで

すぐに、コロコロ変わる。

役人から「お客さん」と呼ばれるゆえんだ。

なので「面従復背」※の役人も多数いたんだろうね・・・

そのプライド高き役人だからこそ

「大臣が、自分の誕生日を覚えていてくれて

しかも、スーツの仕立券までプレゼントして

くれるなんて!!」

本当に驚きΣ(・□・;)感謝したんじゃないかと思いますね。

(※面従復背:表面だけ従って、本音では逆らっている様子。)

☚「誕生日」を覚えててくれたなんて!

 

◆私自身も、20歳代の頃、

当時は、バブル期で

海外出張は「ビジネス・クラス」だったんですが、

そう、JALで香港に出張に行った時でした。

若くてかわいいCA(スチュアーデス)

私の耳元で

「神城豊様、本日はお誕生日おめでとうございます。

当機からのささやかなバースデープレゼントです。」

といって、ワインと豪華なおつまみを頂いたのを

昨日のことの様に思い出します。

まだまだ、若造で出張も慣れていない時に

沢山の乗客の中から

私だけを「実名・フルネーム」で呼び

「誕生日のプレゼント」を機内でもらえるなんて・・・

夢にも思っていなかった意外性と

やはり「自分を特別扱いしてくれている」

と思い(ちょっと勘違いですけど・・)、ひどく感激しましたね。

実は、この日自分自身も「今日が誕生日だ」と

いうことを、すっかり忘れていたんですね。

 

その後「なぜ?私ごときの誕生日を知っているんだ!」

って思いましたけど「搭乗する前から、パスポート

含め全てのデータに誕生日はインプットされてる」から当たり前です・・

◆人間には「相手や世間から認められたい」という

「承認欲求」があります。

また自分を「特別視」してくれていることに

対しては「感謝・感激」する生き物です。

 

ですので、あなたの大切なお客様の「お誕生日」は、

何かの「キッカケ」で

お相手から聞き出しておいて

その日の前に面談した時には

プレゼントするもよし

接待するもよし、

せめて「そういえば、来週の火曜日って、〇〇さんのお誕生日でしたよね!」

と、話を振るくらいのことは最低限、意識して実行してみて下さい。

 

お客様は、表面上は何てことない顔してても

内心(よくぞ、俺の誕生日を覚えてくれていた。

今では、女房も娘も、忘れているのに・・・)と

感動してくれると思います。

 

お客様によれば「そうした細やかな配慮」が出来る

あなたから「モノは買いたい」と思って下さる方も出てきます。

ちなみに、私は今でも完全「JAL派」です。

 

👉トップページへ

👉第一回記事へ

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-営業スキル, 営業の本質, 営業マインド
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.