営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 営業スキル 営業マインド

あなたの売上が倍増するセールストークの秘訣とは!

投稿日:

おはようございます!

あなたの【売上アップ請負人】のカリスマセールス・神城豊です。

今朝は、全国的に「大寒波」の来襲で

マジ、寒いっすね・・ブルブル、、

モコモコでも「防寒着」バッチリで出勤して下さいね!

師走に風邪なんか引いちゃうと公私ともども

残念な年末になっちゃいますから!

☚大寒波!

◆さて前回は、

あなたのセールス・トーク

基本的なパターンを認識して欲しい。

元気よく「大きな声で」話すタイプなのか

冷静に「小さめな声で」話すタイプなのか、

など。

あとは、「話す速さ」にも注目して欲しいですね。

意識していないと「早口なのか」「ゆっくり目なのか」

自分のしゃべりは、意外と「自覚していない」場合

多いんです。

◆自分の「自然なパターン」を、まずはっきりと自覚して

その上で、真逆の話し方も出来るようにしておくべきです。

ヒネクレマン:「なんで? 自分のオリジナルの話し方だけでいいじゃん?」

神城:

まあ、新入社員などの「営業・初心者」なら、それで良いでしょう。

でもね、例えば

魚河岸や、青果市場みたいな

みんなが「大声を出して、活気があふれている現場」で

小さな声で、話しても、声が届きません。

真逆に、研究所や大学などアカデミックで、物音ひとつしない

様な場所で、一人で「大声を張る」と浮いてしまいます。

◆そう、お客様の状況や雰囲気で

「あなた自身のセールス・トークのテーストも変化させる」

ことが、極めて大切なんです。

基本は「やや大きめで通りの良い、ゆっくりしたしゃべり」

が良いでしょう。

でも、状況に応じて、物静かに理知的にも話せるし、

声を張って大きな声でも話せるようにしておくことは

大切なことです。

私のアメリカでの実体験なのですが

同じお客様でも1つの部門は

現場に近く、活気があり、お客様全員が

大きな声を出し合ってお仕事している職場でした。

その時、私は大声で、「ハローーーエブリワン!!」

と明るく元気よくセールストークをはじめ、受けも良かったんです。

でもね、次の部署は「研究所」で、

職場も静まり返り「シーーーン」としていたにも

関わらず、同じ調子で大声で元気よく

話し出すと、ちょっと引かれましたね・・・

TPOを良く感じて、

「お相手と状況に溶け込むようなトーク」を

すること、売り上げアップには必要ですよ!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 営業スキル, 営業マインド
-, , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.