営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

仕事術 営業スキル 営業の本質

3つの価格を知っていれば、あなたもトップセールスマン!

投稿日:

こんばんは、

あなたの【売上アップ請負人】の神城豊です。

さて、今朝は、

トップ営業マン売上金額」のアップだけじゃなく

「利益」がナンボ取れるかも考えながら商売してる、、

ってお話をお贈りしました。

営業マンは、勿論、売ってナンボのもんですが

売っても売っても「真っ赤、、カの赤字続き」

じゃあ、商売人失格です。

そんな営業ばっかりなら、会社はアッという間に潰れてしまいます。

☚利益も大事!

◆あなたが、いま受託した「案件」の売り上げは「赤字」なのか

「黒字」なのか、、、

普通は、『売り上げ額 マイナス 仕入原価=損益』

の引き算で粗利を出すでしょう。

でもね、本当は、会社全体の経費(間接費)は勿論

あなた自身がその案件に掛けた「時間」と「工数」

も勘案して「ネット利益」を考えないといけません。

そうした「考え方」を強く持って営業活動を続けて行けば

「適正な価格」で売る商売が出来るようになることでしょう。

◆もう一つ、、モノやサービスの価格に関して

大切な数値があります。

それは「相場」「マーケットレート」と呼ばれるものです。

ヒネクレマン:「株じゃあるまいし、相場ってなんじゃ?」

私:「今までの原価は、わが社で作ればこの万年筆は

原価が\6,000で、\2,000は利益をのせてくれないと

ペイしない。」

といった「自分の会社での原価」のお話だが

同じ様な性能・ランクの万年筆を、

デパートやスーパーで買ったら幾らなのか?

実は、\4,000.-で買えてしまう。。

これが「マーケット価格」=「相場」である。」

そう、普通の市場で買ったら幾らなのか?

この「相場観」を常に磨いておくべきです。

それには、自分の取り扱っている商品やサービスの

他社製のモノを普段から良くリサーチしておく必要がありますね。

実は、モノやサービスの「価格」でもう一つ別の

大切な数値があるのですが、それは次回のお楽しみに!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事術, 営業スキル, 営業の本質
-, , , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.