営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 営業スキル 営業の本質 営業マインド

お客様が「買いたくなる」ボケとツッコミの役割とは?

更新日:

おはようございます。

あなたの【売上アップ請負人】の神城豊です。

前回は、

2人営業訪問の際は

「漫才のボケとツッコミ」の様に

2人が「役割分担」すると「売上アップ」

に、つながる。

というお話をお贈りしました。

☚「やすきよ」は最高のコンビ

◆それでは、具体的に

2人営業の

「ボケ」と「ツッコミ」の役割とは何でしょうか?

「ツッコミ」は一言で言えば

積極的に「売り込む」役割。

自社製品・サービスの良さを

これでもか、というように「アピール」

グイグイと積極的に「押す」タイプです。

 

逆に「ボケ」は、自社製品を売り込む

というよりは「お客様の話を聴いて」

応える。タイプで

実際には、おどけて「本当に、笑いを取れるタイプ」です。

この「落差」、「ギャップ」

観客(=お客様)を「笑わせたり」「買って頂く際」

には「必ず必要になる武器」だということを

肝に銘じて欲しいんです。

 

◆「良い警官・悪い警官」Good Cup、Bad Cup

の話はご存知でしょうか?

「私がやりました」と、なかなか落ちない「犯人」

を自白させるため、

二人の警官が、犯人の前に現れ

1人の警官(悪い方)

机を叩いたり、

「お前がやったのは分かっているんだ、この野郎

早く吐いちまえ!!」

などと、犯人に、あらん限りの罵詈雑言を浴びせて

自白を強要します。

暫くして登場するもう一人の警官は

優しく

お前の気持ちは良く分るよ。

おれもな、若い頃はそうとうヤンチャしてたし、

いいんだ、いいんだ、今は、気分が落ち着くまで

ゆっくりすれば・・・腹減っただろ・・」

などと言ってカツ丼を出す(ってこれじゃ

古い刑事TVドラマっすけど)

みたいに「真逆な、対照的な」対応をするんです。

これをやられると

「ギャップ」には誰しも弱いので

自白する。

ということなんですが、

「ギャップ」という観点から言えば

「2人の営業マン」がお客様を落とすのも

同じ原理が働くわけです。

※注意: 刑事じゃないので、お客様を決して罵倒してはいけません・・
(当たり前ですが・・・)

2人営業の際は、どちらが「ボケ」で「ツッコミ」か

決めてから「芝居」(=営業訪問)に出た方が良いですよ!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 営業スキル, 営業の本質, 営業マインド
-, , , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.