営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 営業スキル 営業の本質 営業マインド

売上をアップさせる「二人営業マン」は漫才師って?

投稿日:

こんばんは!

あなたの【売上アップ請負人】の神城豊です。

前回は

二人の営業マンがお客様訪問する時は

【漫才のボケと突っ込み】が大切というお話でした。

☚ボケとツッコミ

漫才の「ボケ」と「ツッコミ」

文字通り、

1人が「相手をツッコミ」

もう一人が「ボケる」

その掛け合いで「笑い」が起る、訳です。

仮に、二人の漫才師とも「ツッコミ」だったら

どうなるでしょうか?

お客さんは「ホッと」する間も

「ギャップ」を味わう間もなく

聞いていて「辛く」なってくるでしょう。

「なぜか、自分が責められている」様な気分になって・・・

逆に二人の漫才師とも「ボケ」だったら、どうなるでしょうか?

お客さんは「辛く」はなりませんが

今度は「ぬるま湯」にずっと浸かっているようで

刺激が無いので「あくびをして寝ちゃうでしょう」

つまり、刺激と、休息のコンビネーションが必要なんです。

二人の営業マンでも

そうした「役割分担」があると

お客様は、辛くもならず、飽きもせず

芝居か、漫才を観ているような

心地よさを感じ始めます。

それでは、2人営業の際の

「ボケ」と「ツッコミ」の具体的役割分担は何なのでしょうか?

非常に重要なポイントなので次回

詳しくご説明します。

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 営業スキル, 営業の本質, 営業マインド
-, , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.