営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 営業スキル 営業の本質 営業マインド

売上アップするには「商品メリット」を言っちゃダメ!って?

更新日:

こんばんは!

あなたの【売上アップ請負人】の神城豊です。

ここ数回日馬富士暴行問題

ついて色々な角度からお話してきました。

大相撲って、日本の国技で古き良き日本の伝統文化です。

だから、営業に出てお客様と話題に

なることも多いと思いますから

情報を仕入れ、自分なりの考え方を

まとめておくのも、

あなたの「営業力アップ」の一助になると思います。

 

◆今日のテーマは

『あなたは、お客様に「自社製品」の

メリットばかり強調していませんか?

それでは、売り上げは頭打ちになります!!』

というモノです。

 

普通の営業マンは

自社製品・サービスが、他社に比べて

どれだけ優れていて、役立つか!

つまり【メリット】、良さばかり

強調します。

 

もちろん、メリットや「いかに役立つか」

を説明すること自体は悪いことじゃありません。

でも、もっと大切なことがあるんです。

それは

「お客様の今の【「不満」「不快なこと」を「聴きだす」】こと。

そして、そのお客様の「不満」を解決する

提案をすること。

☚「聴くこと」の大切さ

 

これが出来れば、あなたも一流の営業マンです。

 

そう、多くのお客様は、そもそも

「あなたが手にしている製品やサービス」には関心が無いんです。

それよりも「自分の今の不満をいかに解決するか」

頭が一杯なんです。

☚「自分の悩み」で頭が一杯!

 

◆たまたま、あなたの手にした「商品・サービス」が

お客様の「不満」「不安」「不快」を

直接的に即解決するモノなら

その場でご購入頂ける可能性は高いです。

でも、そんな「神ってる」状況は

めったにありません。

 

「あなたが今、売りたいモノ」に

一番興味があるのは、他ならぬ

【あなた自身】なんです。

 

お客様は、もっと別のことで「困っている」んです。

ですから、最初から

「あなたの買ってもらいたい商品」

に絞った話をするのではなく、

その商品周辺の「もっと広い分野」での

話題を出し「お客様のご不満があるフィールド」

を探し当てる様に心掛けるべきです。

 

それは、もしかしたら「子供の教育問題」など

とてもプライベートなことかもしれません。

それでも構わないんです。

「プライベートな悩み」を少しでも

お話し頂けるという時点で

あなたが「信頼」され出している証拠ですから。

熱心に傾聴し、何とか「解決出来ないか」

と、自分の商材は置いておいて

お客様の「悩みの解決」に集中すべきです。

 

お客様は「悩みを、真剣に聞いてくれた」だけでも

感謝するものです。

その日は「お悩み相談」で終わっても

「いやいや、すまんね、思わず愚痴になっちゃって・・・

ところで、今日は何の用事でしたっけ?

そうそう、A商品を買わなっかって話だったね・・

ウン、次回の時までに前向きに検討しとこう!」

と、なっていく確率は「悩みを聴きだせなかった」

時とは千倍以上の開きが出るモノです。

是非「お相手の悩みを聴きだす」スタンスを

心掛けて下さい!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 営業スキル, 営業の本質, 営業マインド
-, , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.