営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 仕事術 営業スキル

出禁にならない為に「お客様の〇〇」の話題は避けろ!

更新日:

おはようございます!

あなたの【売上アップ請負人】の神城豊です。

 

前回までは、ニュース・ネタ

いかに「営業トーク」に活かすか

から始まって、未来予測まで、お話ししてきました。

今日も「あなたの売上を伸ばす【セールス・トーク】について

お贈りします。

 

「お客様の年齢」に関する話題は

欧米では、完全にNG(下手すると訴えられます・・)

ですし、日本でも余程仲良くなって

お相手から、何気に「歳」に関する話題が出た時の

対処方法についてお話しします。

 

◆基本的に、営業経験の長くない若手の営業パーソンは

仮に「お客様」の方から「歳」の話題が出ても

何気に「スルー」するのが一番無難です。

これが原則、、つまり「お客様の年齢」については

話題にしない。ということです。

☚基本NG!

 

それでも、避けがたい状況になってしまった場合は

やんわり「実際に感じるより、若く言っておく」

のが、これまた鉄則です。

 

お相手が20歳代なら別の話ですが

40歳以上になれば、誰しも「実年齢」より

若く見られたい、という願望を持っています。

 

私でも、15歳以上若くみられると

冗談か、お世辞だろう!

と思いつつ、気分は良いものです。

では、どの位若く言えば良いのか・・・

女性の場合は10歳程度

男性は、5歳程度、若く見られるのが

好ましい、というデータがあります。

 

◆でもね、ここで超難関な「問題」があるんです・・・

そう、お相手の「実年齢」をはっきり知っていれば

良いのですが、ほとんどの場合、分かりませんよね・・・

 

ですので、事前の雑談の中で、お相手の実年齢を

推測しておくのも必要ですね。

 

例えば、アイスブレイクでくだけた話になって、

「私は、大学の頃、松田聖子のデビュー曲の

青いサンゴ礁を、野球部の地獄の練習で聞かされた

のを、妙に覚えてるんですけど

〇〇さんは、大学のころ、どんな曲が流行ってましたか?」

 

とかです。

まあ、ここまでくだけた話が出来る間柄になって

いれば、自分の実年齢を相手に伝えても良いかもしれませんけどね。

 

◆繰り返し、お伝えしますが

「営業シーン」では、原則「お客様の実年齢」に伴う

話題は、極力避けること。 これだけ覚えておいて

もらえれば良いかもしれません。

一歩、間違えると「出入り禁止」など大やけどの元ですから!

☚こうならない為にも「年齢」NG!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 仕事術, 営業スキル
-, ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.