営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 仕事術 営業スキル

売上倍増チームを作る「部下の叱り方」の8つの秘訣!これで売上アップ間違いなし!

更新日:

こんばんは!

【あなたの『売上アップ』請負人】の神城豊です。

前回は、部下や子供を育てる

上手な「叱り方」についてお話ししました。

叱る相手の「性格」と「状況」まで考えて

叱るべきだと。

 

今日も、上手な「叱り方」についてお贈りします。

☚「怒る」はNG

 

◆そもそも「叱る」のと「怒る」のは、全く違った行いです。

××「怒る」のは「怒り狂う感情のまま」自分の怒りの感情を

相手に吐き出し、相手を制圧し、自分の気分をスッキリさせる

ことが目的になっています。

 

◎◎一方「叱る」目的

「相手の間違った行動や考え方を変えさせる」ことです。

ですので

「叱る」時は、感情的にならず「冷静に、相手を諭す」マインド

を強く持っているところが特徴です。

☚まるで別物・・

 

部下や子供のためを思って「叱る」時は

 

1)大声を張り上げない。

問題行動や、なかなか言う事を聞かない部下・子供

に対しては、こちらも「イラついて」

ついつい大声で「なにやってんだ!!」と叱責しがちです。

でも、これって「威圧」で、決して「諭している訳じゃない」ですよね。

「叱るときは」自分の怒りの感情が収まるのを待って

出来るだけ「いつものトーン」で諭すのが理想です。

☚最悪の事例・・

 

2)早口にならない。

怒っていると、人間は誰でも普段より「早口」になります。

これも相手に伝わり「防御態勢」を作ってしまうので

意識して「ゆっくり」話すことも大切。

 

3)相手に近づき過ぎない。

叱っている相手と、ほど良い距離感を持って

諭した方がベターです。

特に、叱る相手の「顔」の前にあなたの「顔」をグッと

近づけると「威圧感」タップリになるので要注意です。

☚近すぎです!

4)目線の高さを合わせる。

「叱る」時は、相手を立たせたままだったり

逆にあなたが「上から見下ろす」目線の位置は

最悪です。

「叱られる相手」からすると

下から見上げられると「信用されてない」と感じますし

上から目線だと「見下した、馬鹿にされた」と感じます。

相手が座っていれば、あなたも座る。

相手が立っていれば、あなたも立つ。

目線の位置を同じにしましょう。

 

5)もう一人の自分を創る

前にもお話ししましたが

「叱る」時も、「叱っている自分」「叱られている相手」「周囲の人々」

全体を俯瞰して見ている「もう一人の自分」をイメージし

冷静に全体を見つめる心眼を持って「叱って」下さい。

叱っている相手にどう思われているか、をイメージしやすくなるんです。

 

6)相手の言い分も聞く余裕を持つ。

一方的に「叱る」だけではなく

「なぜ、そんなことをしたのか?」

「どうして上手くいかないと思う?」

など「質問」を入れ

「相手の言い分」も十分に吐き出させ

共感し、出来れば良い所は「褒めながら」

相手自身が「アッ!ここが俺、ダメだったんだ!

次回からはこうしよう!」

自発的に「思い」自ら「行動と考え方」を変える

ように導けたら、あなたは一流の「叱り師」です。

 

7)相手が興奮して喧嘩腰の時はスルーする。

相手が「自分のやってることは正しい!」と思い込み

喧嘩腰、逆切れ状態の時

何を言っても「逆効果」なので

一度、落ち着くまで、放っておくのも手です。

まあ、今すぐ対処しないとお客様に迷惑が掛かる

など緊急事態は別ですが。

 

8)フォローも忘れずに

叱りつけた後に、行動が変わり結果が出たら

「ほう、最近は変わってきたね、流石だよ!」

など言葉にして「変化=成長」を褒めてあげることも

忘れずに!

パワハラの時代なので「叱り」づらいですが

愛情を持って本気で部下や子供を叱るのは

無くてはならない「教育」ですから

臆することなく「叱って」下さい!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 仕事術, 営業スキル
-, , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.