営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 営業スキル 営業マインド

トップ営業マンは【沈黙は金】、ダメ営業は、話し続ける・・

更新日:

こんばんは!

【あなたの「売上アップ」請負人】の神城豊です。

あっという間に11月も半分過ぎようとして

もうすぐ、クリスマス、年末、お正月ですね~~~

本当に時間が経つのは早いものです。

ついさっきまで「暑い、暑い」と

汗をかきかき、営業外回りしていたのが

嘘のようです。

さて、今日は「超一流の営業マン」が実行している

小さいけれど「重要な」習慣についてお話しします。

それは、お客様との「商談中」の【沈黙】に関する

考え方(感じ方)対応方法についてです。

お客様の性格にもよりますが

奥手で慎重なお客様ですと

営業商談中に、

しばしば、会話が途切れ【沈黙】が

訪れることがあります。

この時

×「ダメ営業マン」

(内心)ヤバイ! 俺の説明が下手くそか、説明不足なんだ
なんとか、もっとコッチから話しかけなきゃ!!

と焦り、畳みかけるように、話し続けます。

◎「出来る営業マン」
(内心)ウン? これは、何か興味を持たれ質問か疑問を
考えていらっしゃるんだな・・・
少し「間」を置こう。

と「余裕」を持って、こちらも黙って笑顔で
ソフトな感じでお客様の顔色を観ています。

すると、大方「この商品のこの部分なんだけど良く分からなかったんで
もう一度、説明してくれないかな?」

など、質問されることが多々あります。

そう、100%ではないですが、80%位の確率で

お客様の沈黙は、「何かを考えている」ケースが多いんです。

それは「質問・疑問」だったり「他社との比較だったり」

「もっと、自分の深い悩みを言おうかどうしようか・・・」

と、、、

こんな時に、あなたの方から一方的に

お客様の「考える時間」を奪い取るかの様に

あなたの「営業トーク」を怒涛の様に聞かされると

ウンザリしてしまいます。

お客様に「考える」間を与えてあげるのも

超一流の営業マンの習慣の1つです。

あまり沈黙が長引いた場合は

「あなたが、お相手の立場に立って」

「〇〇様、もしかしまして「××のご説明が

不明瞭でしたか?」

と誘い水を掛けると

「いや、そうじゃないんだけどね、

どうして、この部分は、こういう構成になっているの?」

とか、ご自分の「疑問」や質問を返して来ます。

自分が売り込まなきゃ、

自分が「沢山話して説得しなきゃ」

と気ばかり焦ると

【沈黙】が怖くなり

返って「売れないドツボ」=「ウザイ営業マン」

に成り下がってしまうので、十分気を付けて下さいね!!

【沈黙は金】なり、です!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 営業スキル, 営業マインド
-, , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.