営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

営業スキル 営業の本質 営業マインド

お客が好きなものは売るな!じゃあ何を売れば良いのか?

更新日:

こんばんは!

【あなたの売上アップ請負人】の神城豊です。

商売っていうものは、

「売り手」「買い手」そして「商品・サービス」

の3つが結合して成り立つものです。

その間を介在する「商社」や商品を作る人や

開発する人、市場調査などマーケティングを担当する人

など細分化すれば多くの人々が携わって形作られているのが

「ビジネス」です。

 

でも、基本はやはり「売る人」「買ってくれる人」と「商品」

この3つなんですね。

 

で、あなたは「売る側」の最先端でお客様に「商品・サービス」

を売り込むのが役割の「営業マン」なわけです。

 

◆一番、ダメな「営業スタイル」「押し売り」です。

なぜか・・・

強引に売っても、売り手と買い手に「信頼関係」

構築されないから、長続きしないからです。

迫力や、時には脅迫もどきで「売っても」

一時だけのことで、長いお付き合いになることは

決してありません。

◆営業って、半分は「あなた自身」をお客様に

買って頂く、という側面があるんです。

☚押し売りNG

 

そう、営業マンであるあなた自身が「商品」「サービス」

の一部分なんです。

 

あなたの人格や商品知識を高めれば高めるほど

「買って頂けるチャンス」は増えていくんです。

◆超一流の営業マンは

押し売りなんか決してしませんし

「客が欲しい」だけのモノを売っているだけじゃないんです。

「お客様の本当の役に立つもの」をお売りするのが

一流の営業マンです。

 

言葉を変えれば「お客様は気が付いていないけど

これがあると、業務効率化が図れたり収益がアップしたり

お客様にとって「ためになる」商品・サービス」

をご提案し、購入して頂けるのが一流営業マンです。

 

これが出来ると、お客様は「満足」する以上に

あなたに「感謝」の気持ちを持ってもらえます。

これは「最大の財産」になりますね。

長続きしますし、何かあった時に

いの一番に「あなたに相談して来られるでしょう。」

こうした関係のお客様をどれだけ持てるかが

長い目で見たときの「あなたの営業マンとしての真の実力」

になる訳です。

ですので

 

【無理に売るな。客の好むものも売るな。 客のためになるものを売れ。 松下幸之助】

の言葉の意味を深く心に刻んで、日頃の営業活動

の指針として下さい!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-営業スキル, 営業の本質, 営業マインド
-, , , , , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.