営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

仕事術 営業スキル 営業の本質

あなたの既存客は、それで正しいのか?売上拡大出来ない理由とは?

投稿日:

こんばんは!

【あなたの売上アップ請負人】の神城豊です。

前回は、「あなたの商品・サービス」

良く知った上で「ターゲット顧客」を絞り込め。

といった内容でした。

 

例えば

「贅沢品・高級品」なら「お金持ち」

「庶民的な一般雑貨」なら「一般大衆」に・・

といった具合です。

 

でもね、こういった「固定概念」「先入観」

に支配されて「ターゲットとする顧客層」

決めるのは危険です。

まあ、王道としては、有りですけどね。

 

というのは、「普通ならあり得ない」組み合わせ

の「商品」と「顧客層」ってのも

ニッチになりがちですけど「存在」してますし

そこを「探り当てると」

「競合がいない」ブルーオーシャンが開けて

いる可能性が大きいからです。

例えば「マニアックな趣味の世界」

ステレオオーディオ機器なんかは

年収と不釣り合いでも「大金」を惜しげもなく

投じる「マニア」はいますよね。

 

それとか、一生に一度の「結婚式」

「住宅の購入」などの局面では

 

庶民でも「財布の紐は緩くなる」もんです。

 

◆あなたの扱っている「商品・サービス」も

既存の顧客層以外にも売れないか?

需要はないか?

一工夫して、違うお客様にも「役立てないか?」

など、先入観に囚われず

一度、既存のお客様像を離れて

あなたの「商品・サービス」を欲しがっていただける

お客様グループが世の中にないか、

総点検してみて下さい。

思わぬ「ブルーオーシャン」(競合はゼロだけど

お魚さんは一杯・・・)を見つけるかもしれせんよ!

 

それに、ブルーオーシャンを見つけられなくとも

「今までと違ったお客様に売れないか?」

と違った視点で商品・サービスや、あなた自身の営業スタイル

を見直すこと自体が、「売上をアップ」させることに

繋がっていきますので、無駄には決してなりませんよ!!

お試しあれ!!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事術, 営業スキル, 営業の本質
-, , , , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.