営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

未分類

あなたが売り込んでいるお客様は正しい人たちですか?

投稿日:

おはようございます。

【あなたの売上アップ請負人】の神城豊です。

前回「自分の商品・サービス」を好きになれ!

自ら「消費者」になって「使ってみろ!」

というお話をしました。

 

◆あなたが自分で売る「商品・サービス」に関しては

世界で一番、あなたが良く知っている。

 

これが一流セールスマンです。

 

「知っている」の意味

「知識としても」「実体験としても」

良く「分かっている。」という意味です。

☚知識と実体験

 

◆更に、「あなたの商品・サービス」

ライバル商品比較した時の

「強み」と「弱み」も熟知している。

 

一番の「売り」「セールスポイント」は何なのか?

も十分心得ている。

「価格訴求力」なのか

「付加価値性」なのか

 

「豪華さ」なのか

「手軽さ・庶民性」なのか

 

「商品自体」の特性(売り)

他製品との比較からの「特性」

 

分かってくると、必然的に

「どういったお客様層」に、買って頂けるのか、

が分かって来ます。

ハイ、マーケティングの第一歩ですね。

 

◆例えば

あなたの「商品・サービス」が

 

「嗜好品」「贅沢品」

「豪華」であって「高価格帯」だったら

「裕福層」=お金持ち

が、顧客ターゲットになるのが普通ですよね。

例えば、豪華ヨットやクルーズを

一般のサラリーマンに売り込んでも買って頂ける可能性はゼロです。

☚カッコ良いけど高嶺の花!

逆に

低価格で、大衆品だったら

我ら庶民が「ターゲット顧客層」になる訳です。

 

ヒネクレマン:「そんなの当たり前じゃんか!!!」

 

神城:「そう、言われてみれば「当たり前のこと」
を忘れてしまうことって多いんですよね・・・」

 

◆もう一度、初心に返って

「あなたの商品・サービス」を「客観的に」

第三者の目で見て

そのアピール・ポイント、は何なのか?

他社の同様商品と「差別化」を図れるポイント

どこなのか?

「冷静に」「鷹の目」で見つめ直してみて下さい!

 

ヒネクレマン:「『第三者の目』だの、『鷹の目』だの

言われても、そう簡単に出来ないぜ!!」

☚「そんなこと言ってもね・・」

 

神城:「それに関しては、次回、ゆっくりお贈りします!」

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-未分類
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.