営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

仕事術 営業スキル 営業の本質

あなたは自分の商品が好きですか?

投稿日:

こんばんは!

【あなたの売上アップ】請負人の神城豊です。

前回お客の立場になれば、売上アップが出来る。」

というお話をしました。

 

◆今回のテーマは

「あなたは、自分が売っている商品・サービス」が好きですか?

です。

どういうことかと言うと

あなたが、お客様に買って頂こうとしている

自社の「商品・サービス」を、あなた自身が体感して

「これは良い!」と本音で思っているか・・・

また「ライバル会社のライバル商品やサービス」も体感して

具体的に「この箇所が、どういう具合に他社より優れている」

かを、体感しているか、、、ということです。

 

◆昔、ナショナルのCMに出ていた司会者は

CMで宣伝する前に、必ず「自分でその商品」を使ってみて

良さを体感してから、宣伝していた。

という実話があります。

例えば、ナショナルの洗濯機をTVで宣伝する前に

自宅で実際に使ってみて「良い」と実感してから

CMに出たそうです。

宣伝している本人「使ってみて、素晴らしい」

本音で感じた場合と

「口先だけで」宣伝しているのでは

説得力が、雲泥の差になります。

 

ですので、是非とも、あなたの「商品・サービス」を

お客様になって体感してみて下さい。

ライバル社のモノも使ってみて下さい。

 

ヒネクレマン:「まあ、理屈は分かるけど、物凄い高額商品だったり
特殊な形になっていないサービス(生命保険とか証券とか)
だと、自分で体感するって無理じゃねえ?」

神城:「確かに、世の中の商品・サービス全て体感するのは難しいです。

でも、疑似的に体感することは、工夫一つで出来るはずです。

例えば、高級車なら試乗会で「乗ってみる」とか

保険、証券なら「買わないまでも他社の営業を受けてみる

とか方法は、頭をひねれば、必ずあります。

そう「疑似体験」でも良いのです。」

◆なぜ、こんなことを勧めるかというと

「紺屋の白袴」「医者の無養生」のごとく

自社の製品・サービスは「売るモノ」だ。

という「固定的先入観」(思い込み)があり

「それを「客観視」して客として体感する。」

という発想が無い営業マンが多すぎるからです。

 

これも、立ち位置を変えて「全体を俯瞰」してみる

発想の転換なんです。

☚全体を俯瞰する!

早速、あなたの商品・サービスを体感してみて下さい!

あなたの中で、思いもしなかった「化学変化」が

きっと、起こりますよ!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事術, 営業スキル, 営業の本質
-, , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.