営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

仕事術 営業スキル

メール営業の「落とし穴」~文字情報だけじゃなく・・・

更新日:

おはようございます!

【あなたの『売上アップ』請負人】の神城豊です。

今朝は、冷え込んでますね~~~

天気予報ですと、日中は昨日より温度上がりそうですけど

体感では「とっても寒い」です・・

暖かい格好で通勤した方が良さそうですね。

 

◆さて、今朝のテーマは

売上をガンガン上げる営業パーソンに

あなたが大変身するために

とっても大切で「キー」になる内容です。

それは「コミュニケーション力」アップ

についてです。

 

まず、第一にしっかり把握して欲しいのは

世の中がどんなに進んでも

ヒトとヒトのコミュニケーションには

その「強さに順番」があって

1)対面 > 2)電話 > 3)メール

で、なんといっても

お客様や取引先と

「直接お会いして、目を見て真剣にお話しする」

「対面営業」の力が、一番強いです。

 

これは、理由を分析するまでもなく

直感的に納得してもらえると思いますが

有名な「メラビアンの法則」ですと

 

人は「どちらとも取れる情報」を話された場合

どこから「情報の真偽」や内容を感じ取るかというと

1)話の内容などの言語情報が7%、

2)口調や話の早さなどの聴覚情報が38%

3)見た目などの視覚情報が55%の割合であった。

 

話している「様子」や「力の入れ方」などの雰囲気から

お相手は、多くの情報を取り入れているのが良く分かります。

 

◆最近は、重要な商談や、お相手に「決断」を迫るような

内容でも「メールだけ」で済ませて

相手が「読んでいないと」

「何で、俺の重要なメールを読みもしないのさ!!」

と内心憤慨してるヒトって多いですよね。

 

でも「メール」の文字情報だけじゃ

「真意」や「重要性」は「伝わりにくい」ケースが多々あります。

 

そもそも忙しいビジネスパーソンは

一日に、何百というメールを受け取り

返信したり、自らも発信したりしているのが

常態化しています。

ということは「悪気なく」見逃したりして

「読んでいない可能性」すらありますし

「読んでいても、斜め読み」で、ほとんど内容を

深くは理解していない、ケースなんてザラですよね。

 

◆メールはとても便利で現代のビジネスや生活には

欠かせないモノではありますが

「メールだけで全てを済ませよう」

とすると「大きな落とし穴」にハマるリスク大です。

 

私は、単純な「業務連絡」にはメールを大いに活用しますが

「内容が複雑だったり」「判断」「決断」が必要なメールは

【必ずメール送信した直後に】

電話で「真意を伝えるか」

直接会って話します。

 

そうでないと、最悪こちらの真意を真逆に取られることですら

起こりえますので。

◆たとえばね

恋人同士が

メールで

「馬鹿・・・」

とだけ書くと

お相手の取り方によっては

「なに!!! 俺を馬鹿にしやがって、二度と再びこんな奴と口を聞くもんか!」

となりかねませんが

直接、対面で

「ばか~~~ん、いやだ~~~」

と色っぽく美女に微笑みながら言われたら

あなた、デレデレになる確率大きいですよね。

ですので「文字情報だけに頼る」メールだけで

 

全てのコミュニケーションを終わらそう、それで良いのだ・・・

というのは大きな間違いです。

それと

相手に対し「頭にきて、怒りのメールを返す」のも

止めた方が良いですね。

 

感情的になると「本当はココまで言わなくてよい

罵詈雑言まで書いて発信」しちゃうことってありますから・・・

冷静になってから読み返すと赤面しちゃったりして・・・

「一旦書いて発信すると、レコードとして「残っちゃいますから」

要注意」です。

 

★★===今日のポイント====★★

コミュニケーションは「メール」だけでなく

電話や対面も「合わせて」実行すべし!

★★===============★★

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事術, 営業スキル
-,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.