営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 仕事術 営業スキル

営業力アップに必須のコミュニケーション力を上げる秘訣

更新日:

こんばんは!

【あなたの売上アップ請負人】の神城豊です!

明日から三連休って方も多いかと思います。

真逆にサービス業ですと

「かき入れ時で、大忙しの三日間」

なんて方もいらっしゃるかと思います。

世の中、俯瞰してみると

色々な立場の方々がいるから

上手く回っているって側面ありますよね・・・

◆さて、今回のテーマは

「あなたの営業成績を上げるため」

に絶対必要な「コミュニケーション力」アップ

についてです。

 

今回は、「立場が対立するお相手とのコミュニケーション」

をいかに「スムーズ」に進めるかの秘訣についてお話します。

 

「立場が対立する」とは

例えば「仕事を取ってきた営業」と「それを実践する場」

とかです。

もっと極端な事例を挙げれば

「人質を取って立てこもってる犯罪者」

「それを説得する交渉人」

も「対立している立場」ですね。

 

こうした場合

お互いの「共通点」は何か・・・

「共通のゴール」はないか・・・

を探すところからスタートです。

もっと踏み込めば「お相手が要求している肝」

こちらが側が提供したり、提案したり出来ること

を探す意識が大切です。

 

人は、自分と「共通しているところ」がある人物に

親しみを覚え、信頼を寄せます。

例えば「出身地」や「出身学校」が一緒だとか、

「熱狂的に好きな野球チーム」が一緒とか、

この原理を応用して

解決しなければならない問題の

双方の相違点や違いばかりに「焦点」を合わせて

相手の非を、論破しよう、、

とばかりしても、相手は頑なに心を閉ざすばかりです。

そうではなくて、

小さなことでも良いので

お互いが「共通の利益」を得れる

共感が持てる周辺のテーマはないかを

探し当て、まずその「共通のテーマ」について

相手が「自発的に「こうしよう」と自ら発案出来る」

様に導ければ、交渉はほぼ成功したも同然です。

 

相手は、メンツを潰されることなく

「自らの意思で」難しい問題を解決した。

と自負心を持ってもらえるからです。

☚面子の潰しあいはNG

まあ、言うは易く、実際にこの様にコミュニケーションを

取っていくのは難しい面はありますけどね。

 

でも、どんなに難しそうな「交渉」や「コミュニケーション」でも

絶対に「忘れてはいけない」原則は

1)相手のメンツを決して潰さない。

2)一方的にコチラの主張を押し付けない。

3)相手の言い分を十分聞いた上で
こちらの言い分に「お相手自らが乗ってくれる」
「共通の利益」をベースに話を進める。

の3点です。

 

これを守れば、一度目の交渉ではまとまらない話でも

2回、3回と繰り返していくうちに

お互いに「妥協点」を見出せていくものです。

繰り返しますが

「常に相手のメンツと立場」を尊重している
態度は崩さないことです。

さあ、「グッドコミュニケーター」目指して

明日も頑張りましょう!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 仕事術, 営業スキル
-, , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.