営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク 仕事術 営業スキル

この交渉力が、あなたをトップ営業マンにする!

更新日:

今晩は!

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今日は、季節外れの台風が日本列島を

横切って行きましたね・・

先週から、二週連続で土日に台風ってのも珍しいです。

☚台風の目

でも、そのお陰で「家に籠れて、読書・映画三昧」

の一日を過ごせました。

何でも、考え様一つで良くも悪くもなるもんです。

さて、前回まで

 

【継続して売上アップ】するためには

【幸せな金持ち】の7要素を取り入れろ。

その7要素とは

1.目利き力

2.交渉力

3.数値判断力

4.コミュニケーション力

5.顧客創造力

6.ストーリー創造力

7.展開力

 

の内の「目利き力」(=人物判定眼)について

お話ししました。

今日は「交渉力」についてお話しします。

☚交渉力って?

 

◆「交渉力」の本質って何でしょうか?

お相手がいて、あなたがいる。

互いに意見が異なる課題があった場合に

話し合いによって、事態を解決すること。

これが交渉です。

少しでも自分に有利な条件で相手も

納得してもらうこと。

これが優れたネゴシエーターです。

 

交渉力を付けるためには

多くの実践を伴った経験が必要です。

 

でも、「交渉」とは何で、どういうスキル

あるのか、を事前に知識として、きちんと

知っている営業マンとそうでない営業マンでは

数年後、売上に雲泥の差が出ます。

 

◆まず、簡単だけど、とても重要な「交渉の基本」

の1つを伝授します。

それは

交渉では「完全勝利」は、あり得ない。

ということを肝に銘じておくことです。

☚これは無い!

あなたの言い分が100%通ることも

相手の要求を100%飲むことも

「交渉」と言うからには、あり得ないんです。

第三の道、妥協点を探すのが交渉の原点です。

ですから、

あなたは「絶対に引けない一線」をあらかじめ

きちんと「決めておく」必要があります。

 

逆に「交渉相手が、絶対に引けない一線は何なのか?」

むしろ「簡単に取り下げやすいことは何なのか」

この2点を相手との話の中で「的確に把握」することが

極めて大切です。

例えば、原価100万円のダイヤを

お客様にお売りする際

まず、あなたが決めておかなければならないのは

「最低限の粗利」は幾ら上乗せしなければ

商売にならないのか。

です。

110万円で売れば良いのか

150万円で、売れなければダメなのか。

数値根拠(特に間接費を含めた「原価」)を

しっかり持って営業交渉しないと

ズブズブの交渉になってしまいます。

 

また、お客様は幾らなら「買う気があるのか?」

価格以外のコダワリは何なのか?」

こうしたお相手のニーズ、要望を見抜かなければ

優れた営業交渉は出来ません。

まさに、

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。(孫氏)

です。

ここがキッチリ(少なくも自分の最低条件の把握)出来ていれば

様々な、テクニックを応用・展開出来ます。

そのテクニックは明日、伝授致します。

お楽しみに!

★★今日のポイント★★

1)「交渉」とは、相手とあなたの利害を調整話をまとめること。

2)「交渉」に「完全勝利」は無いと思え。

3)「交渉」の際は「絶対引けない一線」を決めておけ。

👉トップページへ

👉第一回記事へ

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク, 仕事術, 営業スキル
-, , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.