営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

仕事術 政治

小池百合子「希望の党」失敗に学ぶ営業マンとしてのマインドセット

更新日:

小池百合子「希望の党」が総選挙で苦戦してますね。

☚失速

なぜか・・・

そもそも、

「劇場型」選挙を演出しようとし過ぎましたね。

それだけの本物の器じゃないのに・・・

 

「劇場型選挙」=ドラマには

悪玉と、善玉が必要です。

☚悪役と善玉

東京都知事選では

▼都議会のドンを筆頭とした「自民党都連」が「悪役」

で、一人か弱く(??)出てきた

「小池百合子」がジャンヌ・ダルク張りの「善玉」

の分かりやすく「スッとする図式」が

都民の心を捕らえました。

☚悪役

☚ジャンヌダルク

◆でも、今回は完全に裏目に出てますね。

そう、むしろ

「小池百合子」・・・悪役

「枝野幸男」・・・・善玉

の構図になってます。

なぜか?

本質的には、小池百合子が本当に命を懸けてでも

都民や国民のことを考えているのか・・・

それとも「自分が総理大臣」になりたい、、

という「個人的な野心」だけで動いているのか・・・

ここが、野心だけだから、化けの皮が剥がれちゃうです。

☚化けの皮が剥がれた!

 

それに、思いあがってますよね。

「他党からの合流者を排除する。=切り捨てる。」とか

「憲法9条は見直す、集団安保も容認する。などの書面に
サインした者だけを入党させる。」

いわゆる「踏み絵」を踏ます、、、なんてのは、思い上がりも甚だしい!!

但し、「希望の党」及び代表たる小池百合子の

政治信条・理念の根本が違う人は、残念ながら

一緒には仕事が出来ない、という理由はごもっともで正しいことです。

それなら、せめて一人一人、小池百合子自身が

「面接して」入党して一緒にやっていけるかどうかを

入党希望者全員と話してみれば良かったんです。

根本的な政治信条が異なる人とは同じ党で政治は出来ない
という考え方自体は、良いと思うのですが

そのやり方が「思いあがった上から目線」過ぎて

周囲のギャラリー(国民)も見ていて嫌気が差したんでしょうね。

☚上から目線・・

◆このことから、

営業マン、ビジネスマンとして私たちが学び取れることは

1)「どんなに調子が良くても、否、調子が良ければ良いだけ

周囲に対して「謙虚」にならなければ一気に形勢は逆転する。」

2)つまり
勘違いした上から目線で自体に当たらないこと。
ヒドイしっぺ返しを食らう。

☚「謙虚」が一番!

3)「理念を大切にするのは重要だが

違った理念を持った人の話も聞く度量を持つべき」

「謙虚さ、素直さ」を忘れ、いい気になると
直ぐに足元をすくわれるのでご注意を!!

加計、森友問題が、ず~~と尾を引いてる
安部首相にも同じ事が言えますね・・・

当初「自分は絶対に悪いことはしていない」

という信念があったんでしょう・・・

強い思いから、事態を軽く見て、謙虚さを失った
初動のアクションがここまで足を引っ張る結果に
なってますね・・・

総選挙、結果はどうなるのでしょうか?

楽しみです。

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-仕事術, 政治
-, , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.