営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

セールストーク

あなたの売上アップを阻む「クセ」を無くす方法!

更新日:

おはようございます。

「あなたの売上アップ請負人」の神城豊です。

今朝も、ドンヨリした雨模様

気分が滅入りがちですが、こうした時こそ

気分スッキリ! 張り切って行きましょう!

 

さて、今日は「営業シーン」で、

あなたが営業トークを繰り広げる時の

「口癖」動作の「クセ」についてお話しします。

 

「無くて七癖」と昔から言うように

あなたも気が付かぬうちに「色々なクセ」を持っています。

 

この「クセ」も「売り上げアップ」につながる「クセ」なら

良いのですが、そうじゃなく、むしろマイナスの影響

与えるものなら「修正」「改善」して行った方が

いいですよね。

 

例えば、お客様に売り込みを掛けている

対面の営業シーンでの「口癖」・・・

 

卑近なところでは

「エッと、、・・・・」

「だから・・・(強い口調で)」

「なんちゅうか・・・(バカっぽく)」

など、会話の冒頭に出てくる「接頭語」ならぬ

意味のない「掛け声」みたいな・・・

そうこの「・・・・みたいな」口癖ワードですね。

 

またもうちょっと長いワードだと

「釈迦に説法ですが・・・」

「すでにご存じだとは思いますが・・・」

「ブッチャケ・・・・」

「まあ、それはよいとして・・・」

など、

こうした「ワード」は、

タイミング良く出てくれば良いモノも

ありますが、

無意味に沢山出てくると

聞いているお客様が違和感を持ちます。

 

ですので「出来るだけ自然に話を聴いて頂くためにも

耳障りになる「口癖」は意識的に排除した方が

良いです。」

 

ヒネクレマン:「ハア??? 俺はそんな口癖ねえけど
あったとしたって、自分じゃ分かんないから、治しようねえじゃん!!」

 

私:「仰る通りですね。

ですから、上司や同僚と一緒に同行営業した際に

事前にお願いをしておいて、自分に

「耳障りな口癖や動作」がないか

教えてもらうんです。

ちなみに、ヒネクレマン君は【はあ??】が口癖ですね・・

まあ、キャラクターですからそのままで良いですが・・・」

ヒネクレマン:「はあ??? 本当だ、口癖だあね・・・
言われてみると分かるね・・・・」

 

でも、あまり「口癖」を意識し過ぎて、あなたの営業トーク
のリズムが狂うようなことにならない程度に矯正して
下さい。

今日も、素晴らしい一日をお過ごし下さい!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-セールストーク
-, , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.