営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

政治

小池新党「希望の党」に騙されるな!!~理念が営業額を決める~

更新日:

おはようございます!

あなたの売上アップ請負人の神城豊です。

今日は、ちょっと趣を変えて

今話題になっている小池新党「希望の党」についてお話ししたいと思います。

まあ、出来れば少しは「売り上げアップ」の基本にも

つながるヒントにしたいと思っていますけど。

 

◆28日に安部首相が決断し「衆議院が解散し」

そのあとは、おそらく誰しも想定していなかった

民進党の解体と、小池新党「希望の党」への身売り・・・

でも、小池百合子は「選別」「排除」と称して

「左翼=リベラル」を切りまくっている。

 

率直に言って、日本の政治は本当に3流以下だ。

そもそも、小池百合子なる人物は、なぜか人気だけは

あり、初の女性首相を狙っている、、などと言われているが

それだけの器の方なのだろうか?

私の答えは、Noである。

なぜか。

まず第一に、節操が無さすぎる。

そう、一本筋の通った「理念」「使命感」が全く見えない。

 

時流に乗る感性と、勝負勘、度胸はあるのだろうが

信念やビジョンがあるとはとても思えない。

小池百合子氏の過去の遍歴をみても

その時々で、うまく時代の流れに乗ってきたとしか

思えない。

 

今回の「希望の党」だって、

具体的な政策の前に(これも無いけど)

党としての「理念」「ミッション=使命」がはっきりと

誰にでも分かる「言葉」になっていなければ「政党=組織」とは言えない。

 

これは、代表=会社なら社長、自身の「信念」や未来像(=ビジョン)

がそのまま反映されて、世の中に分かりやすく表現されるものだ。

 

◆民間企業でも規模が大きくなれば「公のもの」であり「政党」に
近くなってくる。

そうした優秀な永続しているグローバルカンパニーは
すべからく、秀でた「経営理念」「ビジョン」を強く持ち

それをベースに「具体的な事業」を展開している。

例えば

◎ソフトバンクは

「デジタル情報革命を通じて、人々が知恵と知識を共有すること
を推進し、企業価値の最大化を実現すると共に人類と社会に貢献する。」

のが経営理念だ。

簡潔で分かりやすく、将来像まで見えてくる。

◎ユニクロの経営理念は

服を変え、常識を変え、世界を変えていく。

■本当に良い服、今までにない新しい価値を持つ服を創造し、世界中のあらゆる人々に、良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供します。
■独自の企業活動を通じて人々の暮らしの充実に貢献し、社会との調和ある発展を目指します。

 

とこちらも、分かりやすく、胸にスッと染みてくる。

◎コカ・コーラの経営理念は

・世界中の人々のからだと心、そして精神をリフレッシュします
・私たちのブランドやさまざまな活動を通して、人々が楽しく前向きになれるひとときを提供します
・私たちが関わるすべての場所・分野において、価値を創造し、変化をもたらします

世界の永続している優秀な大企業の「経営理念」には

1つの共通点が見えてきます。

↓参考URL 世界のトップ経営理念↓

https://matome.naver.jp/odai/2133083118012107301

それは

1)「お客様指向」であること。

2)世の中全体、人類全体に対する発展への貢献を意識していること。

3)関係者(従業員、株主、取引先)への誠実さ、パートナーシップを大切にしていること。

4)自分の商品、サービスが世の中に与える「価値」をはっきり分かっており、明示していること

などです。

やはり、歴史と伝統があり(無くとも優秀なら)非常に優れた 理念、信念

それぞれに強く信じ持っていることが分かります。

また、将来を見据えた展望、ビジョンがはっきりあること。

も特徴です。

ひるがえって、なんだか恥ずかしくなりますが

この「希望の党」って一体全体何者なんでしょうか????

まあ、「企業」=経済活動 と 「政党」=政治活動

を全く同一の視点で論じるのは、少し乱暴ですけどね。

それにしても、少なくも「寛容な保守・改革政党」と口当たりの良い
キャッチコピーを並べるのであれば

根本的な「理念」「信念」で、どこがどう既存保守の自民党や維新と
「異なるのか」を有権者にはっきり「分かりやすく」明示する義務が

小池百合子代表以下「希望の党」幹部にはあると思います。

そうでないと、何となく新しくて小池さんファンだから・・・

と、ふわふわした気分だけで一票を投じる危険な「浮動票」が増えちゃいますよね。

もっと言えば「なぜ、民進党のリベラル=左派は切るのか、排除するのか」

を単なる「具体的な政策」=改憲か否か、安保法制賛成、反対・・・ではなく

根本理念の部分からの、分かりやすい「説明」がないと納得しかねますね。

そう「情報開示」がキャッチフレーズですから

1)自民党、維新との理念、政策での「相違点」(ここが優れている)

2)民進党の議員の選別基準

は公に「情報公開」すべきじゃないでしょうか!!

◆自民党も、こそくに逃げを打った解散で、ゲンナリですが

小池新党は、もっと危ういかもしれません。

◆私は、超左派はあまり好きではないですが、今回の騒動で

辻元さんでしたっけ、はっきりと

「リベラル勢力が結集することには意味があると思うので

私は「希望の党には行きません」とはっきり名言するのは

小気味よいですね。

考え方はともかく、こういうのを「信念」って言うんじゃないでしょか。

真逆の右派の「日本のこころ」の代表が、はっきりと

「希望の党」とは連携しない。と言っているのも「信念」の表れでしょう。

 

今度の一票は、迷いますね・・・

👉トップページへ

👉第一回記事へ

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-政治

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.