営業成績50位ビリからトップに躍り出た秘訣

営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣

健康

激痛の股間を美人ドクターがムンギュと掴み!ギャ~~!

更新日:

今晩は!

あなたの「売上アップ請負人」神城豊です。

週末の夜、

一番、ゆったりとリラックス出来る時ですね。

※勿論、「何ノンキなこと言ってんだい!オイラ今でも仕事だよ!!」
って方もいらっしゃると思いますけど・・・

 

前回は、

■アメリカ駐在中に股間に激痛が走り

救急車で病院に担ぎ込まれ

若い美人の女医さんが登場して・・・

というところまで、お話しました。

◆その女医さんは

優しい顔で、かつソフトな語り口で

「そこに横になって、股間を出して下さい。」と・・・

 

ちょっと恥ずかしかったですが、痛みを一刻も早く治して

欲しいとの思いの方が圧倒的に強かったので

なんの躊躇もなく、大事なところを丸出しにして

おとなしく、ベッドに横たわりました。

 

で、、、可愛い顔した女ドクターが

急に怖い顔で両手に医療用のゴム手袋をバシッと音をたてながらして、

 

私の足元に座り込むと

なんと!!!!!!

 

私のジッとしてても痛い3つのタマタマを

力いっぱい、ムンギュと掴むじゃないですか!!!!

ケツの穴まで届きそうな勢いで!!!!!!

☚やめてくれ!!

俺は、もうそれこそ、病院中に響き渡る様な大声で

「ギャ~~~~~ やめてくれ!!! 痛い痛い痛い!!!!」

とドクターを払いのけようとしました・・・

まあ、そこは向こうもプロの医者、、、

そんな私の絶叫など全然無視して、触診を淡々とすませ、

「はい、お疲れ様、日本でいう一種の脱腸ですね。

それと、ちょっと検査も必要なんで即入院して下さい。」

と元の柔和な顔に戻って、言うんです。。。

「それから、すぐに処方されたお薬を毎食後飲んでくださいね」

と・・・

青ざめ、疲れ切り、弱り切った私は・・・

「ハイ・・・」と小声で返事をするのが精一杯でした。

それから、おかしくも、凄まじい、入院生活が始まったんです。

まあ、この後で、実は股間のボールは一週間の入院で

無事に2つに戻り、退院の運びになりました。

でもね、更なる大悲劇がその半年後に襲われるなんて

その時は夢にも思いませんでしたね・・・

 

そのお話は、なが~~~くなっちゃうので

別の機会に譲ります・・・

それは、次回お話しします。

👉トップページへ

👉第一回記事へ

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-健康
-, , , , , , , ,

Copyright© 営業ノルマ、未達成で苦しむ25歳営業マンが250%ノルマ達成した110の秘訣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.