一流の営業マンと平凡営業マンの「情報収集」の決定的な違いは、ココにあった!

おはようございます!

あなたの【売上アップ請負人】の神城豊です。

どんどん寒くなってきて

冬らしさが本格化してきましたね!

皆さんも、風邪など引かないように

温かくして、寝て下さいね!

そうそう、乾燥も大敵ですから、

加湿器で、空気に潤いも与えて下さいね!

今朝は「あなたブランド」を確立すれば

売上アップにつながる、というお話をしました。

 

今回のテーマは、お客様との商談の時に

とっても大切な「アイスブレーク・トーク」

についてお贈りします。

 

ヒネクレマン:「アイスブレークだと? 何じゃそりゃ?? コーヒーブレイクじゃねえの?」

「アイス・ブレーク」ってね

例えば、初めての営業訪問で、お客様とも

お互いに初対面・・・

こんな時は「いきなり商売の本題」に入る前に

軽い世間話や、天候の話などで

場の空気を和らげる会話のことですよ。

凍り付いた「アイス」の様な空気を

「ブレイク」(壊して) 場の空気を温める

効果がある「ウォーミングアップ」みたいなものです。

 

■今の時期なら

「益々、寒くなってきましたね・・

ついこの間まで「暑い、暑いと汗かいてたのがウソみたいです。」

 

とか

「気が付くと年末商戦のクリスマスも間近で、

御社もお忙しいですか?」

など、天候とか、イベント、業界情報、好況・不況などの

「一般的な話題」が良いでしょう。

☚クリスマス商戦

このアイスブレイクは、お相手の反応にも

寄りますけど、そんなに長い時間を

かけるのはNGですね。

せいぜい、3-5分程度で

「その場を温めよう」と思いながら

アイスブレイクして下さいね。

 

◆でね、、、

ここまでは「当たり前」の話なんですけど

アイスブレークと、本題を結んだり

本題の「合間に入る」話として

【時事問題】

とくに「経済に関わる」いま話題になっている

ことは、ことどとく網羅し

頭の中で「しっかりポイントを整理」して

おくことがとても大切です。

あなたの業界での「最新な話題になっている情報」

もちろんですけど、「業界外」の話も

大きな事件やイベントなどは

全て網羅的に情報を把握し「整理しておくこと」

が肝心です。

☚部屋も情報も整理整頓!

 

■どうやって「経済時事ネタ」を仕入れるのか・・

簡単です。

スマホのニュースを隈なく読んで把握しておけば

良いんです。

でも、情報源の価値・鮮度としては

1)人からの直接的な情報入手 > 2)新聞・雑誌 > 3)TV・ネット

の順番だってことは意識しておいた方が良いです。

 

××平凡な営業マンは、ただ「漫然と」何の問題意識も無く

スマホの経済ニュースを中心に

「ななめ読み」するだけで、「情報収集」した気分

になって終わっています。

 

◎◎一流の営業マン

同じスマホの経済ニュースを読むときも

「常に、具体的なお客様をイメージ」して

あのお客様に「この話題を振ってみよう」とか

あのお客様なら「このテーマ」お好きそうだし

自分の専門外だから、質問してみよう。

とか「具体的なお客様」をイメージしながら

スマホのニュース情報を整理する「クセ」が

ついています。

 

この結果、ただニュースを流し読みしている

平凡営業マンは、「イザ、その話題が超ハマってて

使える時」でも、思い出さず、ボンヤリ頷くだけ・・

ですが

一流の営業マンは「お相手が話したそうなら」

積極的に、リードして「その話題」で場を盛り上げます。

 

■つまり

「時事問題」の「情報収集」の際に

特に大切なのが

ただ漫然と「読む」のではなく

「具体的に使う」シーンと相手をイメージ

しながら「整理」しておく、ということです。

 

もう一つ、大切なことがあるのですが

それは、次回にお話ししますね!

お楽しみに!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

日馬富士の貴ノ岩暴行問題,結末はいかに?

世相斬り、侍・参上です!

日馬富士の貴ノ岩暴行問題、始まりは錦糸町での口論

 

日馬富士が貴ノ岩を殴った暴行事件、、

警察の聴取も進み「事件の全容」が解明される

のも時間の問題だろう。

ちまたで伝えられている様に

血の気の多い貴ノ岩が

事件とは全く違ったシュチエーションの

錦糸町の飲み屋で

「俺は、横綱白鵬に勝った。

彼らの時代は終わった。 これからは俺の時代だ」

ってなことを大声で喚き散らしたのが

どうやら発端らしい。

白鵬が「先輩に対する言動」を注意したところ

貴ノ岩が、それを無視する形で

スマホをいじっていたのに

日馬富士が激怒して今回の暴行事件となったようだ。

 

◆解せないのが、「貴乃花親方」の行動だ。

 

日本相撲協会と、警察に違った説明、異なる診断書を

出したり、日馬富士の親方が「詫びを入れて

被害届の取り下げ」を依頼されても

一切受け付けない。

かつ、法的手段にも訴える可能性を示唆している。など・・・

あれだけ人気も実力もあった元横網で、現役の相撲協会理事でも

ある貴乃花が、なぜにここまで「頑なな」態度を取っているのか・・・

たった今、九州場所の真っただ中なんだから

なぜ、このタイミングでここまで、ことを複雑にするんだろうか?

1つには、日本相撲協会の現体制への不信感と不満だろう。

もう1つは、はじめて部屋の関取として親代わり

になっている弟子の貴ノ岩がやられた!

というショックというか、義侠心が出ているのかもしれない。

しかし、一般社会(普通の会社なら)公衆の面前に

出てきて、行動の「理由」や「心境」を

発表するのが筋だろう。

◆ことの顛末を予測すると

日馬富士は、引退までは追い込まれないだろうが

ヒト場所休場くらいのペナルティーは課せられるだろう。

これだけの騒ぎを起こして、理由はさておき

「手を出した」のは事実なのだから、何らかの罰が

なければ、世間が許すまい。

一方、貴乃花、貴ノ岩サイドだが、

おそらく「訴訟」まではしないのではないか?

だって、暴行を受けたとされる翌朝

「ケロッとして、相撲を取っている動画」が

何度も出てるしね・・・

本当は、大したケガじゃないでないか?

診断書を書いた医師も

「相撲が取れないわけではない」と明言しているし・・・

どっちにしても、せっかくまた相撲が盛り上がって

来たのに、水を差され、一番迷惑なのが

相撲ファンですよね!!

勿論、暴力、暴行は、絶対にいけないが

今回の騒動の根底には、古い相撲界の

確執があるような気がしてならない。

あなたは、どう思いますか?

👉トップページへ

👉第一回記事へ

あなたのトレードマークで売上倍増!

こんばんは!

あなたの【売上アップ請負人】の神城豊です。

 

前回は、売上アップの基盤となる

「あなたブランド」の構築の仕方について

お贈りしました。

 

ポイントをおさらいすると

ニッチに絞った分野No1の知識と実績を残す様に
半年間意識して努力、研究をすること。

でした。

今回は「あなたブランド」を構築するために

重要なことを、追加でお贈りします。

 

「ブランド」って、そもそも何なんでしょうか?

たとえば

シャネルといえば、みんながみんな「あの独特のマーク」↓

を思い浮かべますよね。

ルイス・ビトンにしても

☚ビトンのビキニ・・

名車フェラーリにしても、BMWにしても・・・

フェラーリ

はまたま、日本の吉野家や、セブンイレブンスターバックスでも

お店のトレード・マークになっている「看板」

多くの人が「思い出す」はずです。

 

そう、あなたにも「トレード・マーク」があった方が

そのマークを見ると「ああ、あの人の!!」となります。

是非とも、あなただけの「トレードマーク」

創り、いつもそれを出すようにしてみて下さい。

 

ヒネクレマン:「あのね、あたしゃ、洋服屋でも、車屋でも飲食店

でもなく、ただの営業マンだからトレードマークたって

「看板」出すわけにいかんでしょ! どう~~すりゃいいのさ!」

☚ヒネクレマン

神城:「ハイ、仰る通りです。 でもね、個人の営業マンでも

個人的な「トレードマーク」は作れますよ。

例えばですけど、あの人に会うと「必ず、野球のチケットがもらえるし
野球の最新情報は滅茶苦茶詳しい!」とか

ゴルフでも良いですし。

極力すれば「笑顔=スマイル」だって、意識してかつ自然な笑顔なら

「あなたの強力なトレードマーク」になるんです。」

 

ようは「工夫一つで」なんでも「トレードマーク」には

出来るんです。

形に見えない「物腰の柔らかさ」「説明の丁寧さ」でも
十分「あなたのトレードマーク」になり得ます。

最も強烈なトレードマークは

「あの人と話すと「楽しいし」「愉快な気分」になって

心地よい」から

どうせ、同じものを買うならあなたから買おう!

というのも「あなたブランド」と「トレード・マーク」戦略

がはまったからこそ、出来る技なんです。

さあ、今からすぐ「あなたのトレードマーク」を

考えて、即実行して下さい!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

ミッキー、ミニーに見る、売上アップさせる為の「ブランド」の大切さとは?

こんにちは!

【あなたの『売上アップ』請負人】の神城豊です。

前回までは「営業の勝ちパターン」 「負けパターン」

についてお話ししました。

今回は「勝ちパターン」を多くする為の

基盤となる「あなたのブランド力」

高める方法についてお贈りします。

◆ミッキーマウスって言えば

ディズニーの代名詞になってますよね!

ミッキーのお誕生日って

1928年11月18日なんです。

ヒネクレマン:今年で何歳やねん?

神城:ミッキーは永遠に、年取らないの!

ミッキーはその時、映画『蒸気船ウィリー』(1928)

でデビュー、誕生し

いままで世界中の老若男女から愛され続けてきました。

蒸気船ウィリー

ミッキーの恋人(?)ミニーも可愛いですけど・・・

 

ミッキーと言えば「ディズニーランド」や「デズニー映画」

をすぐにイメージしますよね。

 

これって「〇〇」と言えば「××」という

強烈な「ブランド」効果なんです。

 

営業で「売上倍アップ」するためにも

ミッキーのブランド効果は、強力な武器になります。

例えば、あなたが「車の販売」のことなら

アイツに聞けば何でも分かる。

と周囲から言われるようになることが

営業マンとしても、とても大切で

それこそが「あなたのブランド」であり

「あなたの、強力な【営業上の武器】

になるんです。

 

◆では、どうすれば、

あなただけの「営業ブランド」を確立出来るのか・・・

 

まず、「1つのこと」に、徹底したコダワリを持つことです。

例えば、営業で言えば

「接客」でも「セールス・トーク」でも、たった1つのことで

「The Best」になること、を目指すべきです。

また「商品」「サービス」でも1つのこと

徹底してコダワリ、知らないことは何もない状態に

知識と経験を深めるべきです。

「たった1つのこと」は、最初は小さく細分化された

「ニッチ」な分野にコダワッた方が良いです。

例えば「接客」というと範囲が広いですが

ご高齢者向けに高額商品(ダイヤ)を売る場合の

接客の仕方。とか

 

「主婦層に、アジア限定の旅行を売る」とか

「20歳代のエンジニアに、最高のソフト」を売る、、

などなど、

「顧客層」と「商品」「サービス」を出来るだけ

絞って、研究し、深めていく方が

漠然と「接客」の全てを深めようとするより

全然「エッジ」が効きますし「ブランド」も

かえって早く「確立」出来ます。

 

また「あなたブランド」を「確立」し

〇〇と言えば「あなた」とするには

一定の「時間」が必要です。

数年間は「〇〇」を深めて、ことあるたびに

周囲にもアピールしていけば

ニッチの分野なら「あなたブランド」が

半年後には「確立」しています。

それを起点として、関係する周辺の

「ブランド」を確立していけば数年後には

もっと広い分野で「あなたブランド」が確立しているでしょう!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

 

売上倍増と成功を呼び込む秘策とは?

おはようございます。

【あなたの『売上アップ』請負人】の神城豊です。

さて、前回までは

営業マンの「勝ちパターン」 「負けパターン」

についてお話ししました。

これ、実はビジネスや人生全般にも

「パターン」ってあるから通じてる話なんですよね。

 

売上を上げるために「お客様に、商品やサービス」

買って頂く。

これが、営業の表面的な仕事。

 

「パターン」には、必ず「要素」があります。

何でしょうか?

賢明なあなたなら、もうお分かりですね!

そう、

1)あなた自身(=営業マンの個性、知識、経験)

2)お客様(キャラ、たった今困っていること、持っている案件等)

3)商品・サービス

4)あなたの会社(組織)

5)お客様の会社(組織)

6)あなた及び会社の「強み」「弱み」

などなど、沢山あります。

あと、見逃されがちで、かつコントロールが難しいのが

【タイミング】という要素です。

例えば、あなたがどんなに良い商品やサービス提案

を持ってて、それを喉から手が出るほど欲しがっている

お客様がいたとしても

数時間前に、別のライバル会社から「購入済み」なら万事休止です。

そう【タイミング】や状況は、完全にコントロール
することは不可能です。

運もありますから。

でも、一つだけ【良きタイミング】と【運】を引き寄せる

秘訣があるんです。

それはスピードです。

というか「即行動に移すこと」

【運】をドンドンと引き寄せます。

これ、間違いないです。

 

◆たとえば、あなたが英会話の学習を切羽詰まって
やっていて、英語教材を探していたとします。

良いなあ、と感じたら

ためらいなく即・申し込み、入手し試してみる。

思った通りの性能が出ないとか

期待外れでも良いんです。

失敗は成功のはじまりですから。

ダメだな、と思ったら、すぐに捨てて次の良いモノ

を探し出せば良いんです。

このサイクルが早い人ほど、営業に限らず

何でも「成功」していきます。

 

なかなか成功しない人は

こんな時「即、買わないで、暫く様子を見よう・・」

なんて思って「何も買わず、何もせず、すぐに数か月経っちゃっうんです。」

ここでの、機会損失は非常に痛いってことに

気が付かずに、とうとう英語をモノに出来ないまま諦める(本当の失敗)

ってことになっちゃうんです。

思い立ったが吉日で、即・実行、実践!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

数億円の受注を勝ち取った社長と、失った社長の「違い」とは?

こんばんは!

【あなたの『売上アップ』請負人】の神城豊です。

 

さて、今回も引き続き

営業で「勝てるパターン」についてお話しします。

 

 

去年の春先のことです。

数十億円規模の大型でグローバルな商談が
あり、営業として関わりました。

その時、当社の

1)上海

2)シンガポール

3)香港

4)アメリカ(西海岸)

にある、現地法人を回った時の話です。

社長や副社長はみな日本人なんですが

それぞれに、全く違った個性があり

ビックリしました。

 

「大型の入札」ですから、ライバルが複数社いて

一斉に「価格」と「サービス内容」を

お客様に提示し、評価を受け、一番クジを

引けば、めでたく「成約」!

Congratulation!!!(おめでとう!!)

ってなる訳です。

 

そこで、勝ったのは

上海社とアメリカ現地法人の2社でした。

香港は、一次予選は辛うじて突破したのですが

最終戦で負けてしまいました。

シンガポールは、一次で敗退・・・

 

◆ここからが本題なのですが

上海社は、私が応援に入った瞬間から

社長(総経理)と副社長が

握手を私に求めてきて

「神城さん、何が何でも絶対に勝つから

日本側の情報をどんな些細なことでも

良いから教えて欲しい、宜しく頼みます。」

と大先輩2人が頭を深々と下げるんです。

私は、慌てて

「社長、副社長、 必ず勝てますから

一緒に頑張りましょう!」

と応じて

日本で得ていた「ターゲットプラス」

と「サービス内容の勝てるポイント」

を事細かく説明しました。

社長も副社長も食い入る様に

私の話を一言も聞き漏らすまい

と必死でメモを取った上で

質問攻めです・・・

で、かなりキツイ価格条件

「最低でも現状の20%は価格を下げないと

勝てない。

30%なら、ほぼ勝てるだろう。」

という「最新の確度の高い情報」を

そのまま伝えました。

社長は、一瞬、顔がこわ張りましたが

次の瞬間

「よし、分かった30%値引きで行こう!

大分厳しいが、あとのやりくりで何とかする」

この一言で大方針が決まり

中国人スタッフ10名を会議室に呼び込み

あとは、細かい数字や、提案内容を作り込み

気が付くと、朝日が事務所の窓から差し込んでいました。

そう、熱気と「勝つぞ!!!」の

気迫と思いが充満していた一晩でした。

 

××対象的なのがシンガポール社でした。

社長は、わざわざ私を空港まで迎えに

来てくれたのは嬉しいのですが

会った瞬間

「今回のビッド(入札)は厳しいな、、

ちょっと勝てないよ、強豪のA社、B社

相手じゃ・・・

本当に厳しい、、、

何かいい知恵はないかな?」

と鼻から「負け戦」を想定しているような

「否定的なコメント」の連発でした。

それでも、現地を含めて情報収取に当たり

やはり

「勝敗ラインは、現状の20%~30%ダウン、、

であることが分かり」

それを伝えると

社長は

「その下げ率じゃあ、大赤字だから、無理だ。

どんなに頑張っても「15%ダウン」が限界だ・・・」

と言い張り、どんなに説得しても

「無理、無理・・・」

の一点張りでした。

まあ、損益責任を負っているのは社長ですから

最後は、私も従わざる負えません。

で、見事に一次予選で敗退。

 

香港はというと

最初からローカルスタッフも入れた

大会議を実施し

日本人社長が、私に「ターゲット・プライス」

をみんなの前で言わせるようにリードしました。

かなり良い線での価格と「知恵」も出たのですが

根本的な間違いは

「後出しジャンケン」がある。

と思い込み、二次予選で見事に敗退しました。

アメリカも、上海と同じく

まず社長自ら「何が何でも、獲る!

多少の赤字は、あとの工夫で何とか出来る。

まず、勝って商権を広げることだ!!」

と陣頭指揮を徹夜3晩くらいして

勝利をもぎ取りました。

 

◆この実体験から

勝負は「トップ」で決まる。

ということと、「獲る」と決めれば

多少のリスク(=赤字)覚悟でも

突っ込む。(まあ、程度にも寄りますけど)

こうした「勢い」強いマインドが

ないと、競争には決して勝てないんだ。

 

ということを、身をもって実感しました。

赤字の垂れ流し、はビジネスとしてアウトですが

後で何とか工夫して「取り戻す」算段があれば

あとは「一発で、ベスト価格で勝負する。」

これで負けても悔いはない。

といった潔さがトップにないと

厳しい競争には決して勝てません。

その後、上海社とアメリカ社は

見事に「黒字化」しています。

トップが持つべき「マインド」は

ココが勝負の時は

イチ営業マンであるあなたも「持っているべき」

肝っ玉だと思います。

日馬富士、暴行事件・同席白鵬が謝罪って?

おはようございます!

世相をブッタ斬る!侍オヤジです!

今朝は、日本の国技、大相撲が、またも暴力で危機に!

横綱の日馬富士が、酔った勢いで

平幕貴ノ岩をボコボコにした事件・・

 

何でも、貴ノ岩の先輩力士に対する

日頃の言動が良くないと日馬富士が説教している

最中に、貴ノ岩がスマホをいじって

いたのに激怒して、ビール瓶で殴るわ

馬乗りになってボコボコにしたと・・・

で、貴ノ岩は頭蓋(ずがい)底骨の骨折などを理由に、今月12日の九州場所を初日から休場・・・

 

貴乃花親方は、鳥取警察に被害届を協会に

報告なく出し、「日馬富士は警察の事情聴取」

を受ける騒ぎになっている。

相撲界って、いつまでたっても「前近代的な」

風習から抜けきれないですかね・・・

普通の社会人、サラリーマンでこんなこと

したら「逮捕」じゃないすか・・・

で、同席して止めに入ったとされる

横網白鵬は

「ビール瓶では殴っていないし、馬乗りにもなっていない。

二人は翌朝握手して、取り組みもしていた・・・

でも、場所中に水を差し、本当に申し訳ない。」

と二人をかばいつつ、横網として「代わり」に謝っていた。

白鵬は、立派だと思いますね。

というか、なんで彼が謝罪して、

日馬富士は、何の説明や謝罪がないのか???

不思議でなりません・・・

やっちゃった、張本人が謝るなり、説明して

土下座するなり、とにかく本人からの

説明を周囲がやらせないことが相撲界の

古くて、一般社会とは異なった特殊性を

感じますね。

捜査中だからとか、言い訳が聞こえてきますが

ファンあっての大相撲、

関取のまえにイチ社会人であり

有名人なんですから、普通の人以上に

こうした時こそ、逃げずに堂々と

本人が「説明する」なり「謝罪する」べきです!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

こっそり、私の秘密の「勝ちパターン」をお教えします・・内緒です・・

こんばんは!

【あなたの『売上アップ請負人』】の神城豊です。

さて、前回はスポーツなどの勝負事と同じで

営業にも「勝ちパターン」「負けパターン」

があり、

あなた自身や、あなたのチームの

「勝ちパターン」と「負けパターン」

分析し、将来の営業活動に活かせば

売り上げは、間違いなく「アップ」する。

といったお話でした。

☚勝ちパターンを体感せよ!

 

そこで、ヒネクレマンが

「そんじゃ、お前の『勝ちパターン』って奴を教えろよ!

とクレーム気味に言って来たので

☚ヒネクレマンB

今回は、出血大サービスで

私自身の「営業・勝ちパターン」をご紹介します。

☚営業マンの「勝ちパターン」

 

まずは、お客様層ですが

40歳代後半の部課長さんのパターンが圧倒的に

勝ちパターンです。

お付き合いの長さは、大型成約に至るまでは

最短で三か月、長いと1年

必勝のベースは

成約前に「どれだけ有益な情報や、サービス」

無償で、さりげなくご提供し、約束したこと

即実行し、ご要望にもすぐ応える。

これを三か月は実践している。

つまり「お互いにウマが合い、信頼関係が築けている」

これが、ベースとしてあります。

☚信頼関係を築く!

そして、何より重要なのが「ライバル社との競争」

になった時に

「価格情報=ターゲットプライス」

「付加価値サービス」で必要とされているモノ

といった情報を「ご提供」頂けること。

 

かつ、社内的に信頼のおける仲間が

多少無茶な価格でも「なんとか提示」してくれる

商品・サービスであること。

もしくは、何らかの「知恵」を出し合って

付帯条件付でも、ともかく、お客様の「指値にアジャスト」

させる価格を提示出来る「社内コネクション=信頼関係のネットワーク」

が構築されていること。

そして、これが最後に一番の肝になるのですが

合い見積もりや入札などの

スピード、締め切りに「間に合わせる」ように

素早く「情報が取れ」対応も超スピーディーに

出来た時は、100%成約しています。

これが、私の「必勝パターン」です。

 

◆もう少し「一般的」「抽象的」に表現すれば

1)お客様と日頃のやり取りで「相互の信頼関係」が
出来上がっている。

2)イザ勝負(合い見積もり、入札)の時に
価格、サービス情報をお客様から引き出せること。

3)社内のネットワークで「迅速に」指値対応出来ること。

この3点です。

真逆に「負けパターン」は、上記の真逆ですね。。。

といいますか、どれか1つでも欠けていると
勝てません。

せいぜい3)のスピードが無くても

お客様が急いでいらっしゃらないケースですと
中型案件なら拾えることもありますが・・・

ここから見えてくるのは

常日頃の何気ない小さな「些細な」ご依頼事項

やご要望にいかに「全力で、お応えしているか」

常日頃から、言われてはいないが

お客様に役に立つだろうと思われる「情報」を

ご提供し喜んで頂けているか。

この「相互信頼関係」が築けていないと、

話が前に全く進みません。

だって、そうでしょ、

あなたが買い手の立場なら

「初対面」で「どこの馬の骨」か

分からないオッサンから、モノは買わないでしょう・・・

「ああ、この人、口先さけじゃなくて

色々面倒な要望にも迅速に応えてくれて

誠意がありそうだな。。」

と思って頂く「積み重ね」がないと

人は、モノやサービスを購入しようとは決してしないものです。

信頼、信用が第一ですよね。

👉トップページへ

👉第一回記事へ

あなたの「勝ちパターン」「負けパターン」を掴めば「売上アップ」間違いなし!

おはようございます!

【あなたの売上アップ請負人】の神城豊です!

スポーツや、囲碁将棋などのゲーム・・

いわゆる勝負事には、必ず

「必勝パターン」と「負けパターン」が存在します。

例えば、攻撃的なチームは「先制点」

早い段階でポンポンと取るとほとんど勝てる、とか。

野球で絶対的な抑えのエースがいると

8回までで1点でもリードしていれば

95%以上の確率で勝利をものにできるとか。

これって「営業」にも同じことが当てはまるんですよね。

でも、意外と自分の「勝ちパターン」

「負けパターン」を意識している営業マンは少ないです。

☚勝負事には「勝ちパターン」がある。

 

◆営業を数十年も経験すると

このお客様と、この案件の商談は

【何となく成約】しそうだな。

「直感」が働くことがあります。

ロジカルに、理論で説明しろ、と言われても

なかなか難しいのですが「ピンと来る」モノがあるんですね。

 

それって、実はとても大切な「直感」

あなたの「勝ちパターン」なんです。

☚チェスにも「勝ちパターン」がある!

営業マンも人の子ですから

百人いれば、百通りの個性があり

百通りの「営業手法」と「成約パターン」があります。

 

また、個々の成功事例の「最大公約数」=共通した「成功理由」

も存在する訳です。

 

これを「何となく」「直感で」で片付けてしまうのは

余りにも、勿体ない。

宝の山を、どぶ川に捨て去るようなものです。

 

◆そこで、あなたにお勧めするのが

「あなたが成約に漕ぎつけた商談」

成功した「理由」を考え、文字化しておくことです。

単純に「営業レポート」を記録し

あとで、その場面を思い出しながら

「成功要因」を洗い出してみるんです。

 

たとえば、初対面でお客様にお会いした時の

第一印象とか、

ビジネスの話が出た時の「流れ」とか。

どんなものでも、思いつくままで最初のうちは

良いんです。

積み重ねていくと

「あなたの必勝パターン」が、必ず見えてきます。

これって、実は複数の営業マンが「共同」でやることに

よって、爆発的な「ノウハウ」になるんです。

是非とも、即、実行してみて下さい!

明日以降の営業マインドとアクションに差が出てくるはずです!

👉トップページへ

👉第一回記事へ

売上倍増チームを作る「部下の叱り方」の8つの秘訣!これで売上アップ間違いなし!

こんばんは!

【あなたの『売上アップ』請負人】の神城豊です。

前回は、部下や子供を育てる

上手な「叱り方」についてお話ししました。

叱る相手の「性格」と「状況」まで考えて

叱るべきだと。

 

今日も、上手な「叱り方」についてお贈りします。

☚「怒る」はNG

 

◆そもそも「叱る」のと「怒る」のは、全く違った行いです。

××「怒る」のは「怒り狂う感情のまま」自分の怒りの感情を

相手に吐き出し、相手を制圧し、自分の気分をスッキリさせる

ことが目的になっています。

 

◎◎一方「叱る」目的

「相手の間違った行動や考え方を変えさせる」ことです。

ですので

「叱る」時は、感情的にならず「冷静に、相手を諭す」マインド

を強く持っているところが特徴です。

☚まるで別物・・

 

部下や子供のためを思って「叱る」時は

 

1)大声を張り上げない。

問題行動や、なかなか言う事を聞かない部下・子供

に対しては、こちらも「イラついて」

ついつい大声で「なにやってんだ!!」と叱責しがちです。

でも、これって「威圧」で、決して「諭している訳じゃない」ですよね。

「叱るときは」自分の怒りの感情が収まるのを待って

出来るだけ「いつものトーン」で諭すのが理想です。

☚最悪の事例・・

 

2)早口にならない。

怒っていると、人間は誰でも普段より「早口」になります。

これも相手に伝わり「防御態勢」を作ってしまうので

意識して「ゆっくり」話すことも大切。

 

3)相手に近づき過ぎない。

叱っている相手と、ほど良い距離感を持って

諭した方がベターです。

特に、叱る相手の「顔」の前にあなたの「顔」をグッと

近づけると「威圧感」タップリになるので要注意です。

☚近すぎです!

4)目線の高さを合わせる。

「叱る」時は、相手を立たせたままだったり

逆にあなたが「上から見下ろす」目線の位置は

最悪です。

「叱られる相手」からすると

下から見上げられると「信用されてない」と感じますし

上から目線だと「見下した、馬鹿にされた」と感じます。

相手が座っていれば、あなたも座る。

相手が立っていれば、あなたも立つ。

目線の位置を同じにしましょう。

 

5)もう一人の自分を創る

前にもお話ししましたが

「叱る」時も、「叱っている自分」「叱られている相手」「周囲の人々」

全体を俯瞰して見ている「もう一人の自分」をイメージし

冷静に全体を見つめる心眼を持って「叱って」下さい。

叱っている相手にどう思われているか、をイメージしやすくなるんです。

 

6)相手の言い分も聞く余裕を持つ。

一方的に「叱る」だけではなく

「なぜ、そんなことをしたのか?」

「どうして上手くいかないと思う?」

など「質問」を入れ

「相手の言い分」も十分に吐き出させ

共感し、出来れば良い所は「褒めながら」

相手自身が「アッ!ここが俺、ダメだったんだ!

次回からはこうしよう!」

自発的に「思い」自ら「行動と考え方」を変える

ように導けたら、あなたは一流の「叱り師」です。

 

7)相手が興奮して喧嘩腰の時はスルーする。

相手が「自分のやってることは正しい!」と思い込み

喧嘩腰、逆切れ状態の時

何を言っても「逆効果」なので

一度、落ち着くまで、放っておくのも手です。

まあ、今すぐ対処しないとお客様に迷惑が掛かる

など緊急事態は別ですが。

 

8)フォローも忘れずに

叱りつけた後に、行動が変わり結果が出たら

「ほう、最近は変わってきたね、流石だよ!」

など言葉にして「変化=成長」を褒めてあげることも

忘れずに!

パワハラの時代なので「叱り」づらいですが

愛情を持って本気で部下や子供を叱るのは

無くてはならない「教育」ですから

臆することなく「叱って」下さい!!

👉トップページへ

👉第一回記事へ